★1/8の金曜ロードショーは映画【パラサイト/半地下の家族】≫≫

映画【スパイの妻 劇場版】キャストやあらすじ、動画配信情報など見どころを紹介!ベネチア国際映画祭で銀獅子賞受賞の快挙!

映画【スパイの妻 劇場版】キャストやあらすじ、動画配信情報など見どころを紹介!ベネチア国際映画祭で銀獅子賞受賞の快挙!サスペンス・ミステリー

2020年10月16日(金)公開映画【スパイの妻 劇場版】。NHK BS8Kで放送された同名ドラマを基にした劇場版で、第77回ベネチア国際映画祭(コンペティション部門)にて銀獅子賞受賞の快挙を遂げました。今回は映画【スパイの妻 劇場版】のキャストやあらすじ、動画配信情報など見どころをたっぷり紹介していきます!

映画【サイレント・トーキョー】キャストやあらすじ・原作・主題歌など紹介!クリスマスの東京で巻き起こるパニック・サスペンス!
2020年12月4日(金)公開の映画【サイレント・トーキョー】は、秦建日子による小説「And so this is Xmas」が原作のサスペンス。今回は映画【サイレント・トーキョー】のキャストやあらすじ・原作・主題歌など見どころを紹介していきます!
映画【名も無き世界のエンドロール】キャスト・あらすじ・原作・主題歌など紹介!岩田剛典&新田真剣佑が挑むサスペンス!
2021年1月29日(金)に公開の映画【名も無き世界のエンドロール】は行成薫による同名小説が原作。岩田剛典・新田真剣佑が光と影のような表裏一体のバディを熱演!映画【名も無き世界のエンドロール】のキャスト・あらすじ・原作・主題歌などを紹介していきます!
スポンサーリンク

■映画【スパイの妻 劇場版】の作品概要

  • 公開日・・・2020年10月16日(金)
  • 監督・・・黒沢清
  • 脚本・・・濱口竜介、野原位、黒沢清
  • キャスト・・・蒼井優、高橋一生、東出昌大、坂東龍汰、恒松祐里、笹野高史ほか
  • 音楽・・・長岡亮介(ペトロールズ、東京事変)
  • 原作・・・小説『スパイの妻』/行成薫 (講談社)

■映画【スパイの妻 劇場版】のあらすじ

映画【スパイの妻 劇場版】のあらすじ

画像元:公式サイト

一九四〇年。少しずつ、戦争の足音が日本に近づいてきた頃。
聡子(蒼井優)は貿易会社を営む福原優作(高橋一生)とともに、神戸で瀟洒な洋館で暮らしていた。
身の回りの世話をするのは駒子(恒松祐里)と執事の金村(みのすけ)。
愛する夫とともに生きる、何不自由ない満ち足りた生活。
ある日、優作は物資を求めて満州へ渡航する。
満州では野崎医師(笹野高史)から依頼された薬品も入手する予定だった。
そのために赴いた先で偶然、衝撃的な国家機密を目にしてしまった優作と福原物産で働く優作の甥・竹下文雄(坂東龍汰)。
二人は現地で得た証拠と共にその事実を世界に知らしめる準備を秘密裏に進めていた。
一方で、何も知らない聡子は、幼馴染でもある神戸憲兵分隊本部の分隊長・津森泰治(東出昌大)に呼び出される。
「優作さんが満州から連れ帰ってきた草壁弘子(玄理)という女性が先日亡くなりました。ご存知ですか?」
今まで通りの穏やかで幸福な生活が崩れていく不安。
存在すら知らない女をめぐって渦巻く嫉妬。
優作が隠していることとは――?
聡子はある決意を胸に、行動に出る……。

引用元:公式サイト

■映画【スパイの妻】の動画配信情報

映画【スパイの妻】の動画配信情報

映画【スパイの妻】の動画配信情報は、発表され次第更新致します。

■映画【スパイの妻 劇場版】の主な登場人物・キャスト

映画【スパイの妻 劇場版】の主な登場人物・キャスト

画像元:公式サイト

  • 福原聡子・・・蒼井優
  • 福原優作・・・高橋一生
  • 駒子・・・恒松祐里
  • 金村・・・みのすけ
  • 竹下文雄・・・坂東龍汰
  • 草壁弘子・・・玄理
  • 野崎医師・・・笹野高史
  • 津森泰治・・・東出昌大

■映画【スパイの妻 劇場版】の原作


映画【スパイの妻】の原作は、行成薫による同名小説。太平洋戦争前夜、混沌とした社会情勢の渦に翻弄される夫婦の姿を映し出し、衝撃的な切り口とストーリー展開で大人気の作品です。映画を観る前にぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

■映画【スパイの妻 劇場版】の見どころ

映画【スパイの妻 劇場版】の見どころ

画像元:公式サイト

ずばり、映画【スパイの妻】の見どころを簡単にまとめてみました!

  • 戦争の気配が迫る1940年代という独特の時代
  • 幸せだった日常が一転、聡子に降りかかる謎
  • 優作は一体何を隠しているのか!?
  • 日常の中、夫婦の間に静かに侵食していく闇
  • 幸せの崩壊と聡子の本能的な心情

お互いを信じ、愛し合っていた幸せな夫婦。戦争の気配を少しずつ感じつつも、この日常が穏やかに続いていくと思っていた聡子に、予想もしていなかった展開が訪れます。夫・優作は一体何を隠しているのか、信じてきたものが急に脆く崩れ去っていく恐怖と不安を、蒼井優が繊細に演じています

ドラマ版を観て心を掴まれてしまった私は、この蒼井優の演技力にとにかく感服しました。湧いて出てくる疑念に駆られ、穏やかだった聡子がどんどん変化していく様はこの映画【スパイの妻】の軸になる部分。自分が信じていたものを必死に守り保とうとする緊張感と、それが耐えきれず弾け自身も想像していなかった自分へと変化していく衝動的な感情を見事に表現していて、聡子役は蒼井優以外考えられないと感じたほどでした。

抗えない戦争、社会に人間が翻弄されるというストーリーはこれまでも多く描かれてきましたが、この映画は「スパイ」というエッセンスを盛り込み、とても新鮮な角度で40年代という時代と社会を描いています。

■映画【スパイの妻 劇場版】聡子と優作に降りかかる陰謀とは…!?


映画【スパイの妻】は日本映画の中でも今までになかった雰囲気を纏った新鮮な作品です。「戦争」、「社会」、「夫婦」、「愛」というそれぞれをスパイという切り口で独特の世界観を浮かび上がらせ、私たちの心にそのメッセージを静かに訴えかけます確かな演技力を誇る蒼井優高橋一生のコンビネーションも見どころ。ぜひ劇場で映画【スパイの妻】を楽しみましょう!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました