★9/17(金)公開【マスカレード・ナイト】≫≫

映画【舟を編む】キャストやあらすじ、原作、動画配信情報など見どころ紹介!言葉の海を渡る辞書編集者の世界!

映画【舟を編む】キャストやあらすじ、原作、動画配信情報など見どころ紹介!言葉の海を渡る辞書編集者の世界!ヒューマンドラマ
スポンサーリンク
スポンサードリンク

2013年公開の映画【舟を編む】は、三浦しをんの同名小説が原作。今回は言葉の海を渡る辞書編集の世界を知ることができる映画【舟を編む】のキャストやあらすじ、原作、動画配信情報など見どころをたっぷり紹介していきます!

映画【羊と鋼の森】キャストやあらすじ、楽曲、動画配信情報など見どころ紹介!山崎賢人が調律師役!響き渡るピアノの音色に涙!
2018年公開の映画【羊と鋼の森】は、2016年に本屋大賞を受賞した宮下奈都の同名小説を、山崎賢人主演で待望の映画化!今回は映画【羊と鋼の森】のキャストやあらすじ、楽曲、動画配信情報など見どころを紹介していきます!
映画【海街diary】キャストやあらすじ、ロケ地、動画配信情報など紹介!四姉妹が織りなす優しく美しい絆の物語!
映画【海街diary】は監督を是枝裕和が務め、鎌倉を舞台に優しく静かに織りなされる四姉妹の物語。映画【海街diary】のキャストやあらすじ、ロケ地、動画配信情報など見どころを紹介します!

映画【舟を編む】の作品概要

映画【舟を編む】のあらすじ

映画【舟を編む】のあらすじ

出版社・玄武書房に勤める馬締光也(松田龍平)は、営業部で変わり者として持て余されていたが、人とは違う視点で言葉を捉える能力を買われ、辞書編集部に迎えられる。新しい辞書「大航海」を編む仲間として。定年間近のベテラン編集者、日本語研究に人生を捧げる老学者、次第に辞書作りに愛着を持ち始めるチャラ男。個性派ぞろいの面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。そして出会った運命の女性、林香具矢(宮崎あおい)。だが言葉のプロでありながら、馬締めは彼女に気持ちを伝えるにふさわしい言葉が見つからない。問題が山積みの辞書編集部。果たして「大航海」は完成するのか?そして、馬締の思いは伝わるのだろうか?

引用元:松竹公式サイト

映画【舟を編む】の主な登場人物・キャスト

  • 馬締光也・・・松田龍平
  • 林香具矢・・・宮﨑あおい
  • 西岡正志・・・オダギリジョー
  • 岸辺みどり・・・黒木華
  • タケ・・・渡辺美佐子
  • 三好麗美・・・池脇千鶴
  • 村越局長・・・鶴見辰吾
  • 佐々木薫・・・伊佐山ひろ子
  • 荒木公平・・・小林薫
  • 松本朋佑・・・加藤剛
  • 松本千恵・・・八千草薫

映画【舟を編む】の原作

映画【舟を編む】の原作は、三浦しをん氏による同名小説。ファッション雑誌『CLASSY』で連載され、光文社より単行本化されました。普段なかなか知ることがない「辞書編集」の世界を繊細で美しいタッチで描き、2012年には本屋大賞も受賞。今回紹介する映画とは別に、アニメ化もされています。

映画【舟を編む】の動画配信情報

映画【舟を編む】の動画配信情報
配信中のVODサービス
※一部レンタル・購入の場合あり

※2021年6月時点の情報です。最新の配信情報は各VODサービスにてご確認下さい。

Amazonプライム・ビデオは無料お試し30日間あり
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

動画配信サービス【TSUTAYA TV】は無料お試し期間30日間あり

〈2020年最新版〉動画配信+宅配レンタルの【TSUTAYA TV / TSUTAYA DISCAS】について徹底解説!
〈2020年最新版〉動画配信+宅配レンタルの【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】について、サービス内容や料金、無料お試しについて、また登録方法などについても徹底解説していきます!
<2021年最新>動画配信サービス【U-NEXT】おすすめの理由!料金や入会・解約方法、メリット・デメリットなど徹底解説!
動画配信サービスの【U-NEXT】(ユーネクスト)おすすめの理由や、料金や入会・解約方法、メリット・デメリットなど、2021年最新版の情報を徹底解説!おうち時間を充実させてくれるサービスで皆さんも充実した「おこもり時間」を過ごしてみては?

\無料お試し30日間あり/

映画【舟を編む】の見どころ

ずばり、映画【舟を編む】の見どころを簡単にまとめてみました!

  • 埃っぽい小さな編集室で、4万語におよぶ「言葉の海」に奮闘する!
  • 「大航海」監修者である松本(加藤剛)の情熱に感化され、辞書編集の世界に没頭していく馬締(松田龍平)
  • 馬締を取り巻く個性豊かな登場人物たち
  • 馬締の運命の恋!?
  • 気持ちを伝えることの難しさと尊さ、馬締が周囲の人の心を動かしていく!
  • 「大航海」は無事に編纂できるのか!?

書類、書籍がぎっしりと詰まった小さな編集室で、4万語の言葉と格闘する馬締のひたむきな姿は、言葉そのものの面白さや尊さを教えてくれます。あまりのも果てしない作業に恐怖すら覚える彼に、西岡(オダギリジョー)や香具矢(宮崎あおい)など、個性的な面々がそっと優しく寄り添います。

普段触れることのない‟辞書編集”という面白い世界を覗くことができ、私たちが生きている世界に溢れかえる「言葉」が新鮮に映るかも!?新しい‟気づき”がたくさんある作品です。

映画【舟を編む】‟想い”が詰まった辞書、読み比べてみる?

映画【舟を編む】‟想い”が詰まった辞書、読み比べてみる?

普段、特に気にも留めていなかった「辞書」という存在。同じ言葉でもどこが編纂したものかで語釈が変わるなんて、奥深過ぎる世界ですよね!しかも編纂される時代や目的によって、内容が変わってくるというのも、実に面白い!

気が遠くなるほど多い「言葉」の海に、私たちが生きる今、どんな舟(=辞書)が漂っているのか、書店に行ったときにふと調べてみるのも楽しいかもしれませんね!

\無料お試し30日間あり/

スポンサードリンク
スポンサードリンク
ヒューマンドラマ
\ この記事をシェアする /
CROSOIR CINEMA

コメント

error:Content is protected !!