★8/6(金)公開 映画【ワイルド・スピード JET BREAK】≫≫

海外ドラマ【ゲーム・オブ・スローンズ】全シリーズのキャストやあらすじ、原作、動画配信情報など見どころ紹介!

海外ドラマ【ゲーム・オブ・スローンズ】全シリーズのキャストやあらすじ、原作、動画配信情報など見どころ紹介!DRAMA
スポンサーリンク
スポンサードリンク

アメリカのテレビ局HBOで2011年より放送されて以降2019年に最終章を迎えるまで世界中で大人気を博した海外ドラマ【ゲーム・オブ・スローンズ】シリーズ。日本でも作品の世界観やクオリティの高さにハマる人が続出し、海外ドラマの人気ランキングでも常に上位に位置しています。

今回は、海外ドラマ【ゲーム・オブ・スローンズ】シリーズのキャストやあらすじ、原作、動画配信情報など見どころをたっぷり紹介していきます!

海外ドラマ【ダウントン・アビー】キャストやあらすじ、吹替声優・全シリーズの動画配信情報など紹介!映画化も納得のクオリティ!
2010年よりイギリスで放送が開始されるやいなや、世界中で大人気シリーズへと駆け上がった海外ドラマ【ダウントン・アビー】シリーズ。今回は映画化もされた海外ドラマ【ダウントン・アビー】のキャストやあらすじ、吹替声優・全シリーズの動画配信情報などを紹介していきます!
《Amazonプライム》オリジナル海外ドラマ【カーニバル・ロウ】キャストやあらすじ、動画配信情報など見どころ紹介!
2019年8月より《Amazonプライムビデオ》限定のオリジナル配信枠に好評配信中の海外ドラマ【カーニバル・ロウ】。オーランド・ブルーム主演で話題の海外ドラマ【カーニバル・ロウ】のキャストやあらすじ、動画配信情報など見どころをたっぷり紹介していきます!

海外ドラマ【ゲーム・オブ・スローンズ】シリーズの作品概要

  • 原題|Game of Thrones
  • 放送時期|2011年~2019年
  • シーズン数|全8シーズン
  • 製作総指揮|デイビッド・ベニオフ、D・B・ワイス、フランク・ドールガー、バーナデッテ・コールフィールド、キャロライン・ストラウス、ジョージ・R・R・マーティン

海外ドラマ【ゲーム・オブ・スローンズ】の世界観

七国争覇をめぐって史上最大の戦いが繰り広げられる、映画を超える空前のスケールで実現した王国の存亡を懸けた壮絶な闘いを描くアクション・スペクタクル巨編。

ダイナミックで陶酔するほど壮大な世界“七王国”。
緻密な世界観が生む空前のスペクタクルと、激動の物語。

引用元:公式サイト

海外ドラマ【ゲーム・オブ・スローンズ】は超・長編シリーズ!

海外ドラマ【ゲーム・オブ・スローンズ】は超・長編シリーズ!
画像元:公式サイト

2011年から2019年まで放送され大人気を博した海外ドラマ【ゲーム・オブ・スローンズ】は、シーズン数8つの長編スペクタクル作品。まだ観たことのない人が一気に観ようとすると、いくら「おうち時間」がたっぷりあるからといっても気が遠くなりそうですが(笑)、映画並みのクオリティで見応え抜群の作品なので、ぜひこの機会に観てみてください!

  • シーズン1:第一章『七王国戦記』
  • シーズン2:第二章『王国の激突』
  • シーズン3:第三章『戦乱の嵐 -前編-』
  • シーズン4:第四章『戦乱の嵐 -後編-』
  • シーズン5:第五章『竜との舞踏』
  • シーズン6:第六章『冬の狂風』
  • シーズン7:第七章『氷と炎の歌』
  • シーズン8:第八章『最終章』

海外ドラマ【ゲーム・オブ・スローンズ】の原作

海外ドラマ【ゲーム・オブ・スローンズ】の原作は、ジョージ・R・R・マーティンというアメリカのSF作家のファンタジー小説シリーズ『氷と炎の歌』。彼は作家業だけでなく、テレビプロデューサーや脚本家としても活躍しています。圧倒的なSFの世界観で読者をあっという間に作品の中に引き込み、多くの熱狂的なファンが存在しています。

海外ドラマ【ゲーム・オブ・スローンズ】全シリーズの動画配信情報

海外ドラマ【ゲーム・オブ・スローンズ】全シリーズの動画配信情報
配信中のVODサービス
※一部レンタル・購入の場合あり

※2021年3月時点の情報です。最新の配信情報は各VODサービスにてご確認下さい。

Amazonプライム・ビデオは無料お試し30日間あり
【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

【無料お試しで損なし!】海外/国内ドラマ好きがHuluを試すべき3つの理由
動画配信サービス(VOD)のHuluは海外ドラマ・国内ドラマ好きの人は試すべき!無料お試しで損なくサービスを吟味しましょう!海外/国内ドラマ好きがHuluを試すべき3つの理由を解説します!
<2020年最新>動画配信サービス【Hulu】おすすめ理由の理由!料金や登録/解約方法、メリット・デメリットなど徹底解説!
「おうち時間」が増えたことで注目を集める動画配信サービス(VOD)。今回は<2020年最新>の【Hulu】のおすすめ理由/メリット・デメリット、入会/解約方法や6/10よりスタートの都度課金サービスの情報もお届けします!

海外ドラマ【ゲーム・オブ・スローンズ】全シリーズ毎のキャストとあらすじ

長編シリーズものなだけに、観たことのない人は簡単にでもどういうストーリーなのか知りたいですよね!?そんな皆さんのために、全シリーズ毎に簡単なあらすじとキャスト陣を紹介していきます!

シーズン1:第一章『七王国戦記』

《あらすじ》

国王ロバート・バラシオンとその王妃サーセイ・バラシオンの一群が北部に位置する氷の大地、ウィンターフェルの領主であり旧友エダード(“ネッド”)・スターク公を訪ね、死亡したジョン・アリン公に代わる“王の手”(王の腹心であり、護衛隊長)の後任の申し出を行う。そんななか、エダードの妻キャトリンが王家の何者かがアリン公の殺害に関与しているという手掛かりを掴む。さらにまだ子供の次男ブランがある衝撃的な事実を目撃し、口封じのため、塔から突き落とされてしまう。 一方、狭い海(ナロー・シー)の向こうに広がるエッソスでは追放されたヴィセーリス・ターガリエンが“鉄の玉座”奪還をねらい、妹のデナーリスを軍事力のある野蛮なドスラク人部族の王カール・ドロゴと政略結婚させて新たな同盟関係を結ぼうとしていた。

引用元:公式サイト

《キャスト・声優》

  • エダード・スターク役 … ショーン・ビーン (手塚秀彰)
  • デナーリス・ターガリエン役 … エミリア・クラーク (清水理沙)
  • ジョン・スノウ役 … キット・ハリントン (花輪英司)
  • ロバート・バラシオン役 … マーク・アディ (浦山迅)
  • サーセイ・ラニスター役 … レナ・ヘディ (本田貴子)
  • ジェイミー・ラニスター役 … ニコライ・コスター=ワルドー (桐本琢也)
  • ティリオン・ラニスター役 … ピーター・ディンクレイジ (森川智之)
  • キャトリン・スターク役 … ミシェル・フェアリー (土井美加)
  • サンサ・スターク役 … ソフィー・ターナー (津田美波)
  • アリア・スターク役 … メイジー・ウィリアムズ (合田絵利)
  • ブラン・スターク役 … アイザック・ヘンプステッド・ライト (佐藤美由希)
  • ロブ・スターク 役… リチャード・マッデン (川田紳司)
  • リコン・スターク 役… アート・パーキンソン (清水理沙)
  • ジョフリー・バラシオン役 … ジャック・グリーソン (島崎信長)
  • ヴィセーリス・ターガリエン役 … ハリー・ロイド (川中子雅人)
  • カール・ドロゴ役 … ジェイソン・モモア (木村雅史)
  • タイウィン・ラニスター役 … チャールズ・ダンス (金尾哲夫)
  • ピーター・ベイリッシュ公役 … エイダン・ギレン (上田燿司)

シーズン2:第二章『王国の激突』

《あらすじ》

海軍大臣だったスタニス・バラシオンは、本拠地ドラゴンストーンで自らこそ正統なる後継者と名乗りを上げ、キングズ・ランディングへと進軍。彼の弟レンリー公もタイレル家と手を組み、玉座を狙う。北の王を宣言したロブ・スタークはラニスター軍を相手に快進撃を続けていた。三者がめざすキングズ・ランディングではラニスター家の支配力が強化され、サーセイは摂政女王として君臨。だが鉄の玉座を継いだジョフリーの残酷さは日に日にコントロールが難しくなっていく。
父タイウィンの代理として“王の手”に就いたティリオンは、そんな2人だけでなく、王の小評議会のクセ者たちを相手に七王国の政治を統べるために奮闘していた。
一方、東の地でついにドラゴンの母として目覚めたデナーリスにも試練が続く。わずかなドスラク人を率いて砂漠をさ迷う彼女はまずこの地を生き延び、戦力を補強する必要に迫られていた。
七王国の政治には関与しない“壁”ではホワイトウォーカーの脅威だけでなく、“壁”の外で生きる野人たちとの熾烈な戦いが本格化し始める。さらに王都に残されたサンサ、逃げ出したアリア、バラバラになったスターク家の運命は…。

引用元:公式サイト

《キャスト・声優》

  • ティリオン・ラニスター役 … ピーター・ディンクレイジ (森川智之)
  • デナーリス・ターガリエン役 … エミリア・クラーク (清水理沙)
  • ジョン・スノウ 役… キット・ハリントン (花輪英司)
  • サーセイ・ラニスター役 … レナ・ヘディ (本田貴子 )
  • ジェイミー・ラニスター 役… ニコライ・コスター=ワルドー (桐本琢也)
  • ジョフリー・バラシオン 役… ジャック・グリーソン (島崎信長)
  • ロブ・スターク役 … リチャード・マッデン (川田紳司)
  • キャトリン・スターク 役… ミシェル・フェアリー (土井美加)
  • サンサ・スターク役 … ソフィー・ターナー (津田美波)
  • アリア・スターク 役… メイジー・ウィリアムズ (合田絵利)
  • ブラン・スターク役 … アイザック・ヘンプステッド・ライト (佐藤美由希)
  • リコン・スターク役 … アート・パーキンソン (清水理沙)
  • タイウィン・ラニスター 役… チャールズ・ダンス (金尾哲夫)
  • ピーター・ベイリッシュ公役 … エイダン・ギレン (上田燿司)
  • シオン・グレイジョイ役 … アルフィー・アレン (川原慶久)
  • スタニス・バラシオン役 … スティーヴン・ディレイン (多田野曜平)
  • レンリー・バラシオン役 … ゲシン・アンソニー (櫻井トオル)
  • ブライエニー・タース 役… グェンドリン・クリスティー (斉藤貴美子)
  • ヤーラ・グレイジョイ 役… ジェマ・ウィーラン (永吉ユカ)

シーズン3:第三章『戦乱の嵐 -前編-』

《あらすじ》

架空の大陸ウェスタロスでは、玉座をめぐる家々の覇権争いが続いていた。“ブラック・ウォーターの戦い”ではタイウィン・ラニスターの援軍により辛うじて王都を守ったラニスター家の勝利に終わった。実質的にキングズ・ランディングの守備を指揮したティリオン・ラニスターは、新たに“王の手”となり孫ジョフリーの裏で政権を操っていた。一方、“狭い海(ナロー・シー)”の向こう側では、急速に成長する3頭のドラゴンを連れたデナーリスが“鉄の玉座”を奪還すべく兵を調達し、エッソスを出帆する時をうかがう。ラニスター家打倒を図るスターク家の“北の王”ロブ・スタークはフレイ家の結婚約束を反故に結婚してしまった。これによりフレイ家とも対立することになり、戦争には勝ちながら自らの過ちにより戦局を不利にしてしまう。そして、ロブに悲惨な運命が待ち構えていた。王都キングズ・ランディングでは謀略の嵐が吹き荒れ、王となったジョフリーにも魔の手が忍び寄る。一方ホワイト・ウォーカーの動きが確認された“壁”の奥地ではマンス・レイダーが野人たちの巨大な軍団を率い、南へと力強い進軍を続けていた。また、ジョン・スノウが野人に囚われ、野人の王マンス・レイダーのもとに向かう。野人の侵入とホワイト・ウォーカーの攻撃という、北から迫りくる蜂起のうねりはウェスタロス全土の勢力図を塗り替えるほどの脅威となり権力の均衡を激震させていく。

引用元:公式サイト

《キャスト・声優》

  • ティリオン・ラニスター役 … ピーター・ディンクレイジ (森川智之)
  • デナーリス・ターガリエン役 … エミリア・クラーク (清水理沙)
  • ジョン・スノウ役… キット・ハリントン (花輪英司)
  • サーセイ・ラニスター役 … レナ・ヘディ (本田貴子)
  • ジェイミー・ラニスター役 … ニコライ・コスター=ワルドー (桐本琢也)
  • ジョフリー・バラシオン役 … ジャック・グリーソン (島崎信長)
  • ロブ・スターク役 … リチャード・マッデン (川田紳司)
  • キャトリン・スターク役 … ミシェル・フェアリー (土井美加)
  • サンサ・スターク役 … ソフィー・ターナー (津田美波)
  • アリア・スターク役 … メイジー・ウィリアムズ (合田絵利)
  • ブラン・スターク役 … アイザック・ヘンプステッド・ライト (佐藤美由希)
  • リコン・スターク役 … アート・パーキンソン (清水理沙)
  • ピーター・ベイリッシュ公役 … エイダン・ギレン (上田燿司)
  • シオン・グレイジョイ役 … アルフィー・アレン (川原慶久)
  • スタニス・バラシオン役 … スティーヴン・ディレイン (多田野曜平)
  • ブライエニー・タース役 … グェンドリン・クリスティー (斉藤貴美子)

シーズン4:第四章『戦乱の嵐 -後編-』

《あらすじ》

先の“ブラック・ウォーターの戦い”で前王の弟スタニス・バラシオンによる襲撃から王都を守ったラニスター家は、スターク家の息の根を止めるため、ロブの叔父の結婚式の最中にロブとキャトリン、ロブの妻らを惨殺。ラニスター家と同等の財力のあるタイレル家を味方につけようと、”王の手”タイウィン・ラニスターが子供たちの政略結婚を次々に決定していった。しかし、敵は東から、そして南からも着々と王都奪還の準備を進めていた。
北では、王都を中心に繰り広げられる権力争いをよそに、ウェスタロス全体に対する本当の脅威が壁を越えて攻め込んでくるのを食い止めるため、ジョン・スノウを主導とするナイツ・ウォッチたちが連夜攻防を繰り返す。
気になる王位争奪戦の行方、母と兄を亡くしたサンサとアリア、そして壁の北へと突き進むブランの運命、再会を果たしたサーセイとジェイミーの今後も目が離せない。

引用元:公式サイト

《キャスト・声優》

  • ティリオン・ラニスター役 … ピーター・ディンクレイジ (森川智之)
  • デナーリス・ターガリエン役 … エミリア・クラーク (清水理沙)
  • マージェリー・タイレル役 … ナタリー・ドーマー (東條加那子)
  • ジョン・スノウ役 … キット・ハリントン (花輪英司)
  • サーセイ・ラニスター役 … レナ・ヘディ (本田貴子)
  • ジェイミー・ラニスター役 … ニコライ・コスター=ワルドー (桐本琢也)
  • ジョフリー・バラシオン役 … ジャック・グリーソン (島崎信長 )
  • タイウィン・ラニスター公役 … チャールズ・ダンス (金尾哲夫)
  • サンサ・スターク役 … ソフィー・ターナー (津田美波)
  • アリア・スターク役 … メイジー・ウィリアムズ (合田絵利)
  • ピーター・ベイリッシュ公役 … エイダン・ギレン (上田燿司)

シーズン5:第五章『竜との舞踏』

《あらすじ》

父タイウィン殺害後、密かにキングズ・ランディングを脱出したティリオンは、ペントスに着く。ミーリーンでは、デナーリスがドラゴンを幽閉している牢を訪れ、手に負えないほど大きく成長した子どもたちを前に恐れおののく。一方、黒の城ではジョン・スノウが、自らが七王国の王だと主張するスタニスと、彼に囚われた“壁の向こうの王”マンス・レイダーの狭間で揺れる。

引用元:公式サイト

《キャスト・声優》

  • ティリオン・ラニスター役 … ピーター・ディンクレイジ (森川智之)
  • デナーリス・ターガリエン役 … エミリア・クラーク (清水理沙)
  • ジョン・スノウ役 … キット・ハリントン (花輪英司)
  • サーセイ・ラニスター役 … レナ・ヘディ (本田貴子)
  • ジェイミー・ラニスター役 … ニコライ・コスター=ワルドー (桐本琢也)
  • サンサ・スターク役 … ソフィー・ターナー (津田美波)
  • アリア・スターク役 … メイジー・ウィリアムズ (合田絵利)
  • ピーター・ベイリッシュ公役 … エイダン・ギレン (上田燿司)

シーズン6:第六章『冬の狂風』

《あらすじ》

苦難のアリア、逃亡中のサンサ、未知の地へ降り立ったデナーリス、そして瀕死のジョン・スノウとそれぞれの運命が大きく動き出す!混迷の世界で果たして誰が生き抜くことができるのか。そしてジョン・スノウの命運はいかに!?
新章では、黒の城で腹部を刺され息絶えたジョン・スノウを発見したダヴォスは、ジョン支持派を集めアリザーに対する反撃策を練る。ラムジーの元から逃れるため塔から飛び降りたサンサとシオンは森の中に逃げ込むが追っ手に見つかってしまう。ミアセラの帰郷を待ちわびていたサーセイだったが、帰ってきたのはジェイミーだけだった。一方、ドスラク族に囚われたデナーリスは自分がかつてのカール・ドロゴの妻でありドラゴンの母だと名乗る。

引用元:公式サイト

《キャスト・声優》

  • ティリオン・ラニスター役 … ピーター・ディンクレイジ (森川智之)
  • デナーリス・ターガリエン役 … エミリア・クラーク (清水理沙)
  • ジョン・スノウ役 … キット・ハリントン (花輪英司)
  • アリア・スターク役 … メイジー・ウィリアムズ (合田絵利)
  • ジェイミー・ラニスター役 … ニコライ・コスター=ワルドー (桐本琢也)
  • サーセイ・ラニスター役 … レナ・ヘディ (本田貴子)
  • サンサ・スターク役 … ソフィー・ターナー (津田美波)

シーズン7:第七章『氷と炎の歌』

《あらすじ》

ホワイトウォーカーとの戦いに挑むジョン・スノウそしてスターク家の行方、ドラゴンストーンに降り立つデナーリス、女王となったサーセイ。
一体、彼らは何のために戦うのか。真の戦いが今、始まる!!

引用元:公式サイト

《キャスト・声優》

  • ティリオン・ラニスター役 … ピーター・ディンクレイジ (森川智之)
  • デナーリス・ターガリエン役 … エミリア・クラーク (清水理沙)
  • ジョン・スノウ役 … キット・ハリントン (花輪英司)
  • アリア・スターク役 … メイジー・ウィリアムズ (合田絵利)
  • ジェイミー・ラニスター役 … ニコライ・コスター=ワルドー (桐本拓哉)
  • サーセイ・ラニスター役 … レナ・ヘディ (本田貴子)
  • サンサ・スターク役 … ソフィー・ターナー (津田美波)
  • ブラン・スターク役 … アイザック・ヘンプステッド・ライト (福山潤)

シーズン8:第八章『最終章』

《あらすじ》

架空の大陸ウェスタロスを舞台に、鉄の玉座をめぐる陰謀と策略が渦巻く権力争いが描かれる。綿密に練られた美しい世界観、敵味方の運命が交錯する人間模様。そして、観る者を魅了するドラゴンや、恐ろしい異形の者たちの存在がウェスタロスを揺るがす。いよいよ“夜の王”率いる“死の軍団”と人類の存亡がかかった最後の決戦が、かつてないほどのスケールで繰り広げられる。いかに生き、いかに死ぬか。そして誰が生き残り、誰が玉座に座るのか――。歴史的大作が、ついに完結!

引用元:公式サイト

《キャスト・声優》

  • ティリオン・ラニスター役 … ピーター・ディンクレイジ (森川智之)

海外ドラマ【ゲーム・オブ・スローンズ】の見どころ

海外ドラマ【ゲーム・オブ・スローンズ】の見どころ
画像元:公式サイト

スケールが壮大で没入感を味わえる!

なんといっても、海外ドラマ【ゲーム・オブ・スローンズ】の魅力は圧倒的なスケールの大きさです。物語の中に一度踏み込んでしまえばもう後戻りできない程どっぷりと没入できること間違いなし!「せっかくドラマや映画を観るなら思いっきり普段と違う世界観を味わいたい!」という人には非常におすすめできる作品です。

歴史大河ドラマ好きにたまらない世界観!

もちろん、「歴史大河ドラマ系」が好きな人にはこの【ゲーム・オブ・スローンズ】シリーズはうってつけの作品。中途半端に短めのドラマよりも、長い時間をかけて作品を楽しみたいという欲求を十分に満たしてくれます。そしてこのタイプのドラマは登場人物も多く、それぞれの関係が複雑に入り込んでさらに物語の深みを出してくれます。鑑賞する時に自分も登場人物の一人になった気分になるのも楽しいかもしれませんね!

RPG要素が盛りだくさん!

私自身、この作品にハマった理由の一つが作品に漂う「RPG感」!鉄の玉座をめぐってあらゆる登場人物たちが争い、様々な人間ドラマを繰り広げていく「ゲーム」のような展開で、観ていると自分もその物語を一緒に進行しているかのように感じることができるのです。RPG好きな人は意外とこの作品にスッと入り込めるかもしれません。最初は登場人物の多さと世界観について行くのに必死でしたが、ストーリーが進むにつれて自然とこの世界観を楽しむことができました。

海外ドラマ【ゲーム・オブ・スローンズ】シリーズは‟おうち時間”を救う!?

海外ドラマ【ゲーム・オブ・スローンズ】シリーズは‟おうち時間”を救う!?
画像元:公式サイト

新型コロナウイルスの影響でいわゆる‟おうち時間”が増えた人が多いのではないでしょうか?映画や海外ドラマをこの機会に楽しみたいと考えているなら、まずはこの海外ドラマ【ゲーム・オブ・スローンズ】を観てみることをおすすめします!憂鬱な気分になりがちな今だからこそ、思いっきり普段とは違った世界観をこの作品で味わうと、上手く気分をリフレッシュできますよ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
DRAMA
\ この記事をシェアする /
CROSOIR CINEMA

コメント

error:Content is protected !!