恋愛・ファンタジー

映画【劇場】キャストやあらすじ、原作、動画配信情報など紹介!又吉直樹の小説を実写化!

映画【劇場】キャストやあらすじ、原作、動画配信情報など紹介!又吉直樹の小説を実写化!

画像元:公式サイト

2020年公開の映画【劇場】は、又吉直樹の同名小説を山﨑賢人・松岡茉優の共演で実写化した作品。今回は映画【劇場】のキャストやあらすじ、原作、動画配信情報など見どころをたっぷり紹介していきます!

映画【ヲタクに恋は難しい 】キャストやあらすじ、動画配信情報など紹介!高畑充希・山﨑賢人の振り切った演技がイイ!
CHECK映画【ヲタクに恋は難しい 】キャストやあらすじ、動画配信情報など紹介!高畑充希・山﨑賢人の振り切った演技がイイ!

2020年公開の映画【ヲタクに恋は難しい】は福田雄一監督作品。主演の高畑充希・山﨑賢人の振り切った演技が話題になりました。今回は映画【ヲタクに恋は難しい 】のキャストやあらすじ、動画配信情報など見どこ ...

続きを見る

映画【羊と鋼の森】キャストやあらすじ、楽曲、動画配信情報など見どころ紹介!山崎賢人が調律師役!響き渡るピアノの音色に涙!
CHECK映画【羊と鋼の森】キャストやあらすじ、楽曲、動画配信情報など見どころ紹介!山崎賢人が調律師役!響き渡るピアノの音色に涙!

映画【羊と鋼の森】はピアノの調律師の青年が主人公の物語。原作は2016年、第13回本屋大賞を受賞した宮下奈都の同名小説です。ピアノと音、人と向き合いひたむきに成長していく主人公の青年を山崎賢人が演じま ...

続きを見る

おすすめタグ 新作・準新作映画 / 恋愛・ファンタジー / 小説が原作 / 大人の恋愛

映画【劇場】の作品概要

  • 公開年|2020年
  • 監督|行定勲
  • 脚本|蓬莱竜太
  • キャスト|山﨑賢人、松岡茉優、寛一郎、伊藤沙莉、上川周作、大友律、井口理 (King Gnu)、三浦誠己、浅香航大ほか

映画【劇場】のあらすじ

高校からの友人と立ち上げた劇団「おろか」で脚本家兼演出家を担う永田(山﨑)。
しかし、前衛的な作風は上演ごとに酷評され、客足も伸びず、劇団員も永田を見放してしまう。
解散状態の劇団という現実と、演劇に対する理想のはざまで悩む永田は、言いようのない孤独を感じていた。
そんなある日、永田は街で、自分と同じスニーカーを履いている沙希(松岡)を見かけ声をかける。
自分でも驚くほどの積極性で初めて見知らぬ人に声をかける永田。
突然の出来事に沙希は戸惑うが、様子がおかしい永田が放っておけなく一緒に喫茶店に入る。
女優になる夢を抱き上京し、服飾の学校に通っている学生・沙希と永田の恋はこうして始まった。

公式サイト

映画【劇場】の主な登場人物・キャスト

映画【劇場】の主な登場人物・キャスト
画像元:公式サイト
  • 永田・・・山﨑賢人
  • 沙希・・・松岡茉優
  • 野原・・・寛一郎
  • 青山・・・伊藤沙莉
  • 小峰・・・井口理 (King Gnu)
  • 田所・・・浅香航大
  • 三浦誠己
  • 上川周作
  • 大友律

おすすめ イオンシネマで映画をいつでも1000円で楽しもう!

映画【劇場】の動画配信情報

映画【劇場】の動画配信情報

※一部レンタル・購入の場合あり。
※2022年11月時点の情報です。最新の配信情報は各VODサービスにてご確認下さい。

Amazonプライム・ビデオは無料お試し30日間あり

【2022年最新版】映画を安く見る方法|おすすめ3つ
CHECK【2022年最新版】映画を安く見る方法|おすすめ3つ

劇場公開最新作も、歴代の名作も、とにかく映画を安くお得に見る方法が知りたい!今回はそんな要望にお答えします! この記事を書いている私PECOは、この映画ブログを運営していることもあり、年間で300本近 ...

続きを見る

大人女子におすすめの恋愛映画5選《邦画編》
CHECKアラサー女子・大人女子向けのおすすめ恋愛映画5選(動画配信情報付き)|邦画編

アラサー女子・大人女子は、恋愛や結婚においても転換期を迎え価値観が変わったり時には迷走したり・・・と色々悩む年代。仕事も恋愛も頑張りたいけれど、なかなか両立できずに悩んでいる人も多いのではないでしょう ...

続きを見る

映画【劇場】の見どころ

映画【劇場】の見どころ
画像元:公式サイト

ずばり、映画【劇場】の見どころを簡単にまとめてみました!

  • 山﨑賢人・松岡茉優の底なしの演技力がお見事!
  • 夢も恋も、どこまで追い続けられれば「正解」と思えるのか…
  • いびつな2人が紡いだ、不器用でおろかで美しい恋
  • 嫌気とイライラが込み上げても結局目が離せない永田と沙希の「停滞感」と人間としての愛おしさ
  • 映画だからこそのラストの演出がなんとも言えない後味を残す

原作である又吉直樹の同名小説を読んだ上で本作を鑑賞しましたが、全く違った作品だと感じてしまうほど、映像としての【劇場】に面喰ってしまいました。文字面で感じ取るよりもはるかにインパクトが強かったんだと思います。キャスティングが発表された時には「ちょっと永田と沙希にはあまりにも可愛らしすぎる配役...?」なんて生意気にも思っていたのですが、山﨑賢人・松岡茉優の確かな演技力が光る素晴らしいものでした。

おすすめ イオンシネマで映画をいつでも1000円で楽しもう!

映画【劇場】いつか壊れると分かっていても…

映画【劇場】いつか壊れると分かっていても…
画像元:公式サイト

永田と沙希の、なんともいえない甘く優しくおろかな恋愛が、お互いの心を支えながらも大事な何かを蝕んでいく感じ...。「とても見ていられない」と永田のクズ男っぷりや、天使な顔してちょっと異質な沙希の姿に嫌気がさしつつも、共感せずにはいられませんでした。夢を追いかけ、恋をしたことがあってものなくても、「生き方」や「自問」に人間はどうやって答えを出し、見切りをつけ、前に進んでいくのだろう...。自分の思いをどう処理していけば、「よし!」と次の場面へ転換できるのだろう...。そんな思いが溢れてきました。

永田が抱える行き場のない葛藤が、沙希の心と共鳴したからこそ、2人は一緒にいようとしたのだと思いました。続かない、このままでは壊れてしまうと分かっていても、そうやって寄り添った2人の姿がいつまでも脳裏に残ります。そして映画オリジナルのラストシーン。正直、原作の小説よりもこちらのラストの方が私としては心が救われた気がします。

-恋愛・ファンタジー
-,

error: Content is protected !!