【個人事業主】クラウド会計ソフト「freee」の料金プランの違いを解説!

【個人事業主】クラウド会計ソフト「freee」の料金プランの違いを解説!働き方
©️CROSOIR
スポンサーリンク
スポンサードリンク
この記事はこんな人におすすめ
  • クラウド会計ソフト「freee」の料金プランを知りたい
  • クラウド会計ソフト「freee」は料金プランによって何が違うのか知りたい
  • 自分が「freee」のどのプランを使うべきか検討したい

この記事では、多くの個人事業主(フリーランス)から高い支持を集めているクラウド会計ソフト「freee会計」について、料金プランの違いを解説します。
自分に合ったプランで日々の経理業務や確定申告をスマートにこなしましょう!

【個人事業主になる前に】会社勤めの人が《退職前》にやるべき準備5つ
今回は、実際に勤めていた会社を退職し「個人事業主」としてフリーのライターとして働いている私PECOが、同じように個人事業主になって独立を検討している人に《退職前》に準備しておいた方が良いことを5つ紹介します。
【個人事業主】クラウド会計ソフト「freee」で日々の経理業務がラクになる!
会社勤めのサラリーマンと違って、個人事業主は基本的にあらゆることを自分1人でこなさなければなりません。今回は日々の経理業務から確定申告まで、活用すると作業がラクになるクラウド会計ソフト「freee」について解説していきます。

おすすめタグ 働き方 / 個人事業主 / 会計ソフト

クラウド会計ソフト「freee」は用途に合わせてプランを選びたい

日々の経理業務など諸々の作業も含めると膨大な仕事量をこなさなければならない個人事業主にとって、クラウド会計ソフトの導入はぜひ検討したいものです。

今回はクラウド会計ソフトの中でも人気の高い「freee会計」について、料金プランの違いにポイントを絞って解説していきます。

関連記事 【個人事業主】クラウド会計ソフト「freee」で日々の経理業務がラクになる!

「freee会計」には3つの料金プランがある!

クラウド会計ソフト「freee」には3つの料金プランがある!
  • スターター
    年払い ¥11,760(月あたり¥980)
    月払い ¥1,180
  • スタンダード
    年払い ¥23,760(月あたり¥1,980)
    月払い ¥2,380
  • プレミアム
    年払い ¥39,800(月あたり¥3,316)
    月払い なし

「freee会計」の料金プランの違い(概要)

①スターター

  • 必要最低限の機能を利用して確定申告を済ませたい人向け
《主な機能》
  • 確定申告書の作成(白色・青色)
  • 申告書類の提出機能(電子申告対応)
  • 見積・請求書・納品書作成
  • チャット・メールサポート

②スタンダード

  • 日々の経理の効率化から確定申告までを一括でやりたい人向け
《主な機能》
  • スタータープラン全機能
  • レシート写真の読み取り(ファイルボックス)無制限
  • 入金・支出管理レポート
  • チャットサポート優先対応

③プレミアム

  • 確定申告に関する不安についてトータルサポートを受けたい人向け
《主な機能》
  • スタンダードプラン全機能
  • 月締め
  • 電話サポート
  • 税務調査サポート補償

「freee会計」の料金プランの違い(補足)

全プラン共通でできること

  • 確定申告書の作成・提出
    (各種控除や還付にも対応)
  • 口座やクレジットカードとの同期
    (口座やクレジットカードから直接明細を取り込み、収支の入力を効率化可能)
  • チャット・メールサポート

表で確認

機能スタータースタンダードプレミアム
確定申告書の
作成・出力
銀行口座や
クレジットカードとの同期
請求書の作成
領収書の写真から
仕訳データ自動取得
×
(月5枚まで)
消費税申告×
月次推移/資金繰り
売掛・買掛レポート
×
メールサポート
チャットサポート

(優先対応)

(優先対応)
電話サポート××
税務調査サポート補償××

\30日間無料お試ししてみる/

ちなみに・・・

ちなみに・・・

「freee会計」の各プランの違いが分かったところで、ちょっとおまけ情報も載せておきます。

こんなことにも対応

  • 株やFX、不動産所得にも対応
  • 今まで他の確定申告ソフトを使っていても、データをインポートして移行できる
  • 帳簿は複式簿記形式に対応
  • 確定申告書の提出は税務署持ち込み・郵送・電子公告全てに対応

無料お試しもある

「freee会計」には最大30日間の無料お試しがあります。 実際の使い勝手を確認しながらたっぷり30日間お試しできるのはかなり嬉しいですよね!

全プランで口座やクレジットカードとの同期が可能ですが、プライベート用のクレジットカードよりも「事業用」の専用のクレジットカード(ビジネスカード)があると大変便利です。

《事業用クレジットカード=ビジネスカード》のメリットは

  • 経費処理の効率化が図れる
  • 資金繰りの改善が見込める
  • 事業用の特典を利用できる

freeeでは個人事業者向けに、《事業用カード=ビジネスカード》も提供しています。

【個人事業主になる前に】会社勤めの人が《退職前》にやるべき準備5つ
今回は、実際に勤めていた会社を退職し「個人事業主」としてフリーのライターとして働いている私PECOが、同じように個人事業主になって独立を検討している人に《退職前》に準備しておいた方が良いことを5つ紹介します。
【個人事業主】事業用クレジットカードを作った方がいい理由・メリットを解説!
個人事業主として開業届を提出しフリーランスとして働くなら、真っ先に準備しておいた方がいいのが《事業用のクレジットカード》。今回は、これから個人事業主になろうと考えている人や個人事業主になりたての人向けに、事業用クレジットカードを作った方がいい理由や作るメリットを解説していきます。

おすすめタグ 働き方 / 個人事業主 / 会計ソフト

自分に合った「freee会計」のプランを選んで、日々の経理業務や確定申告をスマートにこなそう!

自分に合った「freee会計」のプランを選んで、日々の経理業務や確定申告をスマートにこなそう!

個人事業主に取って1番大切なのは、事業そのものにいかに集中して取り組むことができるかということ。

クラウド会計ソフトは多忙な個人事業主にとってとても便利なツールです。

特に「freee会計」は、今回紹介した各プランのいずれも機能が非常に分かりやすく、多くの個人事業主に嬉しいサポート内容になっています。

自分にぴったりのプランを検討し、日々の経理業務や確定申告の手続きをスマートにこなしましょう!

\30日間無料お試ししてみる/

スポンサードリンク
スポンサードリンク
働き方
\ この記事をシェアする /
CROSOIR

コメント

error:Content is protected !!