【FREENANCE(フリーナンス)】の「あんしん補償プラス」を解説!フリーランス(個人事業主)を支える所得補償!

【FREENANCE(フリーナンス)】の「あんしん補償プラス」を解説!フリーランス(個人事業主)を支える所得補償!働き方
スポンサーリンク
スポンサードリンク
この記事はこんな人におすすめ
  • フリーランス(個人事業主)になって一番不安なのが、ケガや病気で働けなくなった時のこと。所得の補償が受けられる保険サービスが知りたい。
  • FREENANCE(フリーナンス)の「あんしん補償プラス」について、どんな内容なのか、また加入方法なども知りたい。

フリーランス(個人事業主)にとって最大の不安は、ケガや病気などの「万が一」の収入減。今回はその不安を解決してくれるFREENANCE (フリーナンス)の「あんしん補償プラス」という所得補償について解説していきます!

【FREENANCE(フリーナンス)】でフリーランス(個人事業主)のお金と保険の不安を解決!
フリーランスとして働く個人事業主にとって、会社員時代とは比べものにならない位「お金」や「保険」に対する不安は大きいですよね。今回はフリーランス(個人事業主)のお金と保険の不安を解決してくれる【FREENANCE(フリーナンス)】について解説していきます!
【FREENANCE(フリーナンス)】の「即日払い」とは?日本初のフリーランス(個人事業主)向けファクタリングサービスを解説!
フリーランス(個人事業主)になった時に心配なキャッシュフロー。困ったときに頼れるサービスがFREENANCE(フリーナンス)の「即日払い」。今回は日本初のフリーランス(個人事業主)向けファクタリングサービスであるFREENANCE(フリーナンス)の「即日払い」を徹底解説!

おすすめタグ 働き方 / 個人事業主 / 会計ソフト / フリーランス / 保険

FREENANCE(フリーナンス)をうまく活用すればフリーランス(個人事業主)の不安は解消される!

FREENANCE(フリーナンス)をうまく活用すればフリーランス(個人事業主)の不安は解消される!

以前の記事FREENANCE(フリーナンス)がフリーランス(個人事業主)の色んな悩みをサポートしてくれる心強いサービスであることを解説してきました。

今回はさらに一歩踏み込んで、「あんしん補償プラス」という所得補償サービスについて解説。

会社員だったらいわゆる「労災」で守られていますが、フリーランス(個人事業主)は「万が一」に自分で備えなければなりません。この記事を参考に、ぜひ検討してみて下さい。

FREENANCE(フリーナンス)の「あんしん補償プラス」はフリーランス(個人事業主)の所得補償制度

  • FREENANCE(フリーナンス)の「あんしん補償プラス」はフリーランス(個人事業主)の人がケガや病気で万が一働けなくなってしまった場合に、あらかじめ自分で設定しておいた「受け取りたい金額」を1年間支払ってもらえる所得制度です。
  • 医師の診断は不要で、24時間・365日、レジャーや旅行、天災(地震・噴火・津波)などによるケガでも保険金が支払われます。
  • フリーナンスAWS協会加入(つまり団体加入)として扱われるため、フリーランス(個人事業主)を対象とした同内容の他社保険よりも約60%も安く加入できます。
    ※団体加入費別途年額3,000円(非課税)が必要。

FREENANCE(フリーナンス)「あんしん補償プラス」の補償内容

カバー内容

  • ケガや病気で長期間にわたって働けなくなったとき
  • 仕事中に限らず、レジャーや旅行、天災(地震・噴火・津波)などによるケガ

補償対象期間

  • 24時間・365日

いくら受け取れるか

  • 万が一の場合に「自分がいくら受け取りたいか」をあらかじめ設定する
    ⇒次項で詳しく説明します。

FREENANCE(フリーナンス)「あんしん補償プラス」の保険料(掛け金)や加入方法

FREENANCE(フリーナンス)「あんしん補償プラス」の保険料(掛け金)や加入方法

個人で同内容の他社保険に入るより約60%低い掛け金で加入できる

  • 理由は、「フリーナンスAWS協会」に入会することで団体割引が適用されるため。(なので別途団体加入費年額3,000円〈非課税〉が必要。それでもこれはかなりお得。)

自分が「いくら受け取りたいか」を入力して掛け金を算出する仕組み

  • これはFREENANCE(フリーナンス)の大きな特徴の一つ。多くの保険会社では、加入者の「年収」を入力させ、その年収で掛けられる最大値の掛け金を提示するようになっていることがほとんど。
  • でも、万が一ケガや病気で働けなくなった時、本当に必要な金額って人それぞれ違うはずですよね。自分がその「万が一」の時に「いくら受け取りたいか」をあらかじめ設定して、それに応じた掛け金を支払うわけなので、「納得感」もあります。

加入方法

  • 対面での手続きは不要。
  • WEBからの申し込みと必要書類の郵送のみで完了する。
  • 医師の診断も不要。

FREENANCE(フリーナンス)「あんしん補償」と「あんしん補償プラス」の違いは?

FREENANCE(フリーナンス)「あんしん補償」と「あんしん補償プラス」の違いは?

FREENANCE(フリーナンス)会員になると無料で「あんしん補償」が付帯しますが、ここで「あんしん補償」と「あんしん補償プラス」の違いを見ていきましょう。

《あんしん補償》

  • フリーランス(個人事業主)特有のトラブル(納品物の欠陥による事故や情報漏えいによる事故など、業務中のトラブル)を補償。

関連記事 【FREENANCE(フリーナンス)】の「あんしん補償」とは?フリーランス(個人事業主)に心強い補償内容を解説!

《あんしん補償プラス》

  • ケガや病気で働けなくなった場合に最長1年間、所得を補償(生活に直結して影響する収入源を補償)。
  • 任意加入(掛け金がかかる)。

FREENANCE(フリーナンス)「あんしん補償プラス」保険料(掛け金)の支払い方法・引落し日は?

支払い方法

  • 口座振替の月払い(12回払い)のみ

引落し日

  • 1ヶ月分の保険料は、翌月1日(土日祝の場合、各金融機関の翌営業日)に引落しされる

途中で保険金額を変更する場合

  • 一度脱退の手続きをした上で、あらためて加入。

FREENANCE(フリーナンス)「あんしん補償プラス」はフリーランス(個人事業主)の働き方を心強く支えてくれる!

FREENANCE(フリーナンス)「あんしん補償プラス」はフリーランス(個人事業主)の働き方を心強く支えてくれる!

いかがでしたか?
FREENANCE(フリーナンス)の会員になることで無料で自動付帯される「あんしん補償」に加えて、今回ご紹介した「あんしん補償プラス」に加入することで、会社員と比べて備えが手薄になりがちな「業務上のトラブル」と「ケガや病気で働けなくなった時の収入源」の両方に備えることが可能になります。

フリーランス(個人事業主)としてより安心して自由に働けるように、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
働き方
\ この記事をシェアする /
CROSOIR

コメント

error:Content is protected !!