★9/17(金)公開【マスカレード・ナイト】≫≫

映画【風立ちぬ】キャラクターやあらすじ、吹替声優、動画配信情報など見どころを紹介!スタジオ・ジブリの名作!

映画【風立ちぬ】キャラクターやあらすじ、吹替声優、動画配信情報など見どころを紹介!スタジオ・ジブリの名作!アニメ
スポンサーリンク
スポンサードリンク

2013年公開のアニメ映画【風立ちぬ】は航空技術者である堀越二郎をモデルにしたスタジオ・ジブリ作品
今回はアニメ映画【風立ちぬ】のキャラクターやあらすじ、吹替声優、主題歌、動画配信情報など見どころを紹介していきます!

ジブリ映画【コクリコ坂から】キャラクター(声優)やあらすじ・主題歌、動画配信の有無など見どころ紹介!宮崎吾朗監督2作目!
2011年公開のジブリ映画【コクリコ坂から】は宮崎吾朗監督2作目のアニメ映画。夢と希望が溢れる青春物語に多くのファンが魅了されました。今回はジブリ映画【コクリコ坂から】のキャラクター(声優)やあらすじ・主題歌、動画配信の有無など見どころを紹介していきます!
ジブリ映画【借りぐらしのアリエッティ】キャラクター(声優)やあらすじ・主題歌、動画配信の有無など見どころ紹介!
2010年公開のジブリ映画【借りぐらしのアリエッティ】は米林宏昌の初監督作品。人間の屋敷で借りぐらしする小人の少女と、人間の少年の出会い。今回はジブリ映画【借りぐらしのアリエッティ】のキャラクター(声優)やあらすじ・主題歌、動画配信の有無など見どころを紹介していきます!

映画【風立ちぬ】の作品概要

  • 公開年|2013年
  • 監督・脚本・原作|宮崎駿
  • 声優|庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート、風間杜夫、竹下景子、志田未来、國村隼、大竹しのぶ、野村萬斎ほか
  • 主題歌|『ひこうき雲』/荒井由実

映画【風立ちぬ】のあらすじ

映画【風立ちぬ】のあらすじ
© 2013 Studio Ghibli・NDHDMTK

かつて、日本で戦争があった。
大正から昭和へ、1920年代の日本は、
不景気と貧乏、病気、そして大震災と、
まことに生きるのに辛い時代だった。
そして、日本は戦争へ突入していった。
当時の若者たちは、そんな時代をどう生きたのか?
イタリアのカプローニへの時空を超えた尊敬と友情、
後に神話と化した零戦の誕生、
薄幸の少女菜穂子との出会いと別れ。
この映画は、実在の人物、堀越二郎の半生を描く―—。
堀越二郎と堀辰雄に
敬意を込めて。

引用元:公式サイト

映画【風立ちぬ】の主なキャラクター・吹替声優

映画【風立ちぬ】の主なキャラクター・吹替声優
© 2013 Studio Ghibli・NDHDMTK
  • 堀越二郎・・・庵野秀明(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)
  • 里見菜穂子・・・瀧本美織(エミリー・ブラント)
  • 本庄・・・西島秀俊(ジョン・クラシンスキー)
  • 黒川・・・西村雅彦(マーティン・ショート)
  • カストルプ・・・スティーブン・アルパート(ヴェルナー・ヘルツォーク)
  • 里見・・・風間杜夫(ウィリアム・H・メイシー)
  • 二郎の母・・・竹下景子
  • 堀越加代・・・志田未来(メイ・ホイットマン)
  • 服部・・・國村隼(マンディ・パティンキン)
  • 黒川夫人・・・大竹しのぶ(ジェニファー・グレイ)
  • カプローニ・・・野村萬斎(スタンリー・トゥッチ)
  • 絹・・・渋谷はるか
    ※( )内は英語版の声優

映画【 風立ちぬ 】の動画配信情報

映画【もののけ姫】の動画配信情報

残念ながら、ジブリ映画【風立ちぬ】はいわゆる動画配信サービス(VOD)での配信は行っていません。もし「おうちでこの作品を楽しみたい!」という場合には、DVD/CDの宅配レンタル【TSUTAYA DISCAS】がおすすめです!

〈2020年最新版〉動画配信+宅配レンタルの【TSUTAYA TV / TSUTAYA DISCAS】について徹底解説!
〈2020年最新版〉動画配信+宅配レンタルの【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】について、サービス内容や料金、無料お試しについて、また登録方法などについても徹底解説していきます!
一人暮らしワンルームにおすすめ!気軽に導入できる《サウンドバー》でホームシアターが叶う!
ホームシアターに憧れるけれど、一人暮らしで部屋が狭いからと諦めていませんか?今回は一人暮らしワンルームの部屋でもホームシアターが叶うおすすめのサウンドバーを紹介!充実した「おうち時間」を実現しましょう!

\初回30日間無料体験あり/

映画【風立ちぬ】の見どころ

映画【風立ちぬ】の見どころ
© 2013 Studio Ghibli・NDHDMTK

ずばり、映画【風立ちぬ】の見どころを簡単にまとめてみました!

  • その時代を、「夢」をもって走り抜けた「堀越二郎」の半生を描く作品
  • 二郎と菜穂子が生きた「時代」から浮かび上がるもの
  • 飛行機に夢を託して走り続ける二郎を支える菜穂子の生き方、覚悟
  • 緊張の糸が張り詰めていた時代の中で輝く二郎の「夢」と菜穂子との「愛」
  • 「夢」も「生きる」も決して当たり前ではなく尊いことだと気づかされる作品

大人になって改めて鑑賞して、この作品が持つ奥深いメッセージについて色々考えさせられました。単純に「戦争」を糾弾するようなものではなく、ただひたすら「二郎がどう生きたか、二郎がその時代にどうやって夢を追いかけたのか」をまっすぐ見せてくれる作品です。二郎が夢を追いかけることで必然的に背負うことになる「代償」や、二郎の心を支える菜穂子の「覚悟」が、現代に生きる私たちにどう映るのか。ジブリ作品の中でもとても「詩的」な作品だと感じました。

映画【風立ちぬ】ユーミンの「ひこうき雲」で涙腺が…

映画【風立ちぬ】ユーミンの「ひこうき雲」で涙腺が...
© 2013 Studio Ghibli・NDHDMTK

映画【風立ちぬ】といえば、やっぱり荒井由実の主題歌『ひこうき雲』大きな空へ様々な人の想いが羽ばたいていくような、どこかノスタルジックなメロディが作品にとてもマッチしています。その時代に、「夢を追う」ということがどういうことだったのか――。作品が持つ大切なメッセージに寄り添う音楽も素晴らしい映画です。

\初回30日間無料体験あり/

スポンサードリンク
スポンサードリンク
アニメ
\ この記事をシェアする /
CROSOIR CINEMA

コメント

error:Content is protected !!