★9/17(金)公開【マスカレード・ナイト】≫≫

映画【ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ】キャストやあらすじ、動画配信情報など紹介!悪と正義の境界線の先にあるものは!?

映画【ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ】キャストやあらすじ、動画配信情報など紹介!悪と正義の境界線の先にあるものは!?SF・アクション
スポンサーリンク
スポンサードリンク

前作の映画【ボーダーライン】(2015年)でアメリカとメキシコ間の国境での麻薬戦争の現実を描き、2018年、そのスピンオフとして映画【ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ】が公開されました。前作同様、心をえぐられるような痛烈なメッセージで私たちにインパクトを残した映画【ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ】のキャストやあらすじ、動画配信情報など見どころをたっぷり紹介していきます!

映画【ボーダーライン】キャストやあらすじ、動画配信情報など見どころ紹介!エミリー・ブラント主演のクライムアクション!
2016年に日本で公開された映画【ボーダーライン】のキャストやあらすじ、動画配信情報など見どころを紹介!【プラダを着た悪魔】や【メリーポピンズ】で有名なエミリー・ブラントが主演のクライムアクション。アメリカとメキシコの国境で何が起きているのか、今知るべき現実を垣間見ることができます。
映画【ミッドウェイ】キャストやあらすじ、動画配信情報など紹介!巨匠ローランド・エメリッヒが描く「運命の3日間」!
2020年9月11日公開の映画【ミッドウェイ】は、巨匠ローランド・エメリッヒ監督作品。第2次世界大戦のターニングポイントとなった“ミッドウェイ海戦”を日米両者の視点でリアルに描く映画【ミッドウェイ】のキャストやあらすじ、動画配信情報など見どころを紹介!

映画【ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ】の作品概要

  • 原題|『Sicario:Day of the Soldado』
  • 公開年|2018年
  • 監督| ステファノ・ソッリマ
  • キャスト| ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、イザベラ・モナー、ジェフリー・ドノヴァン、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、キャサリン・キーナー他

映画【ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ】のあらすじ


ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(吹替版)

アメリカ国内の商業施設で市民15人の命が奪われる自爆テロ事件が発生。 犯人一味がメキシコ経由で不法入国したと睨んだ政府は、 国境地帯で密入国ビジネスを仕切る麻薬カルテルを混乱に陥れる任務を、 CIA工作員のマット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)に命じる。

それを受けてマットは、 カルテルへの復讐に燃える旧知の暗殺者アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)に協力を要請。 麻薬王の娘イサベル(イザベラ・モナー)を誘拐し、 カルテル同士の戦争を誘発しようと企てる。 しかしその極秘作戦は、 敵の奇襲やアメリカ政府の無慈悲な方針変更によって想定外の事態を招いてしまう。 メキシコの地で孤立を余儀なくされたアレハンドロは、 兵士としての任務と復讐心、そして人質として保護する少女の命の狭間で、 過酷なジレンマに直面していく……。

引用元:公式サイト

映画【ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ】の登場人物・キャスト

ベニチオ・デル・トロ(アレハンドロ役)

ベニチオ・デル・トロ(アレハンドロ役)
画像元:公式サイト

アメリカとメキシコの国境地帯で密入国ビジネスを行う麻薬カルテルに、聾の娘を殺された復讐を誓う暗殺者・アレハンドロ役を前作同様ベニチオ・デル・トロが演じます。プエルトリコ出身の俳優で、日本でも人気のある数々の大作に出演していますよね!個人的には映画【ユージュアル・サスペクツ】【トラフィック】でのデル・トロの演技が大好きです!どこか影を帯びた眼差しが印象的なデル・トロ。今回はアレハンドロにスポットを当てた構成になっていて、悪を裁くために貫こうとしている自身の正義が事態の変化によって揺らいでいく繊細な演技がとても光っていました。ちなみに、デル・トロはあの名作【スナッチ -Snatch-】にも出演しています!ギャンブル依存症のエキセントリックな役もハマっていました。

映画【Snatch(スナッチ)】キャストやあらすじ、動画配信情報など見どころ紹介!ガイ・リッチーの傑作!
巨匠、ガイ・リッチー監督の犯罪コメディ映画【Snatch(スナッチ)】。スタイリッシュで笑えるクライムサスペンスです!今回は映画【Snatch(スナッチ)】のキャストやあらすじ、動画配信情報など見どころを紹介していきます!

ジョシュ・ブローリン(マット・グレイヴァー役)

ジョシュ・ブローリン(マット・グレイヴァー役)
画像元:公式サイト

CIAの特別捜査官で、アレハンドロと旧知の中、マット役を務めるのはジョシュ・ブローリン。確かな演技力に定評があり、映画【ノーカントリー】(2007)や【ミルク】(2008)、【アベンジャーズ】シリーズで印象に残っている人も多いかもしれませんね。今回、映画【ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ】で演じるマットは目的のためにあらゆる手段を使う荒くれ者な仕事人、といった雰囲気ですが、前作【ボーダーライン】から今作までの空白の時間もその表情に刻み込まれている印象を受けて、彼のこの作品にかける熱量に感動しました。

イザベラ・モナー(イサベル・レイエス役)

麻薬カルテルの支配者、カルロス・レイエスの末娘、イサベル役を演じるのはイザベラ・モナー。映画【トランスフォーマー/最後の騎士王】(2017)で覚えている人が多いかもしれませんね!正直、この映画【ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ】での彼女の演技に驚きました。ベニチオ・デル・トロの存在感に全く劣らない堂々とした眼差しに、彼女の今後の活躍を更に期待せずにはいられません。演じたイサベルは、短い期間に世界で起きている「闇」をこれでもかと見せつけられる役どころ。綺麗事など微塵も通用しないその深い闇に容赦なく放り込まれていく少女の叫び声が、鑑賞後も耳について離れませんでした。

マシュー・モディーン(ジェームズ・ライリー役)

アメリカ合衆国国防長官、ジェームズ・ライリー役を演じるのはマシュー・モディーン。自爆テロなど、「テロリズム」の蔓延に危機感を抱き、ある特殊作戦の実行をマットに命じますが、その作戦が後に彼らの運命を大きく変えていきます。マシュー・モディーンは映画にとどまらず多くのテレビドラマや舞台でも活躍するアメリカの俳優です。

キャサリン・キーナー(シンシア・フォード役)

CIAの副長官でマットの上司、シンシア・フォード役にはキャサリン・キーナー。彼女はアメリカのベテラン女優で、映画【マルコヴィッチの穴】や【カポーティ】でそれぞれアカデミー賞助演女優賞にノミネートされ有名です。映画【ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ】では、暴走するマットに手を焼きながらもなんとかCIAの規律を乱すまいと必死な上司役を好演しています。

ジェフリー・ドノヴァン(スティーヴ・フォーシング役)

マットの同僚で、ジェームズから命じられた特殊作戦も共に遂行するスティーヴ・フォーシング役を演じるのは前作から引き続きジェフリー・ドノヴァン。彼は日本でも人気の海外ドラマ【バーン・ノーティス 元スパイの逆襲】での主演が記憶に新しいですよね!映画では【チェンジリング】(2008)【J・エドガー】(2011)【LBJ ケネディの意志を継いだ男】(2016)などにも出演。活躍の場が広い俳優さんです。

映画【ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ】の動画配信情報

映画【ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ】の動画配信情報
配信中のVODサービス
※一部レンタル・購入の場合あり

※2021年8月時点の情報です。最新の配信情報は各VODサービスにてご確認下さい。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!
動画配信サービス【TSUTAYA TV】は無料お試し期間30日間あり
Amazonプライム・ビデオは無料お試し30日間あり
【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

<2021年最新>動画配信サービス【U-NEXT】おすすめの理由!料金や入会・解約方法、メリット・デメリットなど徹底解説!
動画配信サービスの【U-NEXT】(ユーネクスト)おすすめの理由や、料金や入会・解約方法、メリット・デメリットなど、2021年最新版の情報を徹底解説!おうち時間を充実させてくれるサービスで皆さんも充実した「おこもり時間」を過ごしてみては?
一人暮らしワンルームでもホームシアターが叶うおすすめプロジェクター
ホームシアターに憧れるけれど、一人暮らしで部屋が狭いからと諦めていませんか?今回は一人暮らしワンルームの部屋でもホームシアターが叶うおすすめのプロジェクターを紹介!充実した「おうち時間」を実現しましょう!

\無料お試し30日間あり/

\無料トライアル実施中/

映画【ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ】国境麻薬戦争は事実?


ボーダーライン(字幕版)

前作【ボーダーライン】から共通で描かれているのが「国境麻薬戦争の現実」。麻薬カルテルは実在していて、麻薬の製造・売買に関する活動を行う非合法な組織として国際問題になっています。特に「メキシコ麻薬戦争」について言えば、メキシコからアメリカへの密入国の際に麻薬も流入してくることが多く、それを取り締まろうとする政府側とカルテルの武力紛争は紆余曲折を経て終息しそうでしない、という状況を繰り返しているのです。その途方の無いテーマに真っ向から疑問符を投げかけているのが映画【ボーダーライン】・【ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ】。「悪」と「正義」のボーダーライン(境界線)はどこにあるのか、もはや当事者たちも分からなくなっている絶望的な現実を、かなりリアルな臨場感で私たちに伝えてくれます。

映画【ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ】の見どころ

映画【ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ】の見どころ
画像元:公式サイト

アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)が観客の心理をえぐる!

とにかく、ストーリーが進むにつれてアレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)の眼差しから伝わってくるジレンマに、思わず口の中の水分を奪われ体中の血の気が引いていくような感覚を覚えます。私たちが生きている世界で何が起こっているのか、嫌というほど見せつけられ、逃れられない「絶望感」のようなもの。私はアレハンドロの何とも言えない静かなその「絶望感」に、作品を観た後もずっと頭の中を支配されていました。「正義」という一見美しいものが、現実社会においてはこれほど脆く揺らぐものなのか、と考えさせられました。

途方の無い闇に「正義」がのみこまれていく絶望感

もちろん、映画【ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ】の登場人物それぞれのストーリーもきちんと描かれていますが、この作品のメインは「現実(リアル)の非情なまでの残酷さ」というテーマそのもの。アレハンドロの顔を撃つ14歳の少年、ミゲル・エルナンデス(イライジャ・ロドリゲス)がギャロ(マヌエル・ガルシア=ルルフォ)に命令され「殺し屋(Sicario:スペイン語)」になっていくその描写が、この映画が訴えるメッセージのテーマなのです。自分が生きる国家のために、家族のために、その少年がたった14年の人生経験とその視野で培った「正義感」でボーダーライン(境界線)を超えていく・・・。世界で起きている現実はこれなのか、と私は絶句しました。

極限状態で揺らぐ境界線

アレハンドロやマットが直面する極限の場面で、彼らの「正義」という一線はどんどん揺らいでいきます。そしてもはや「自分たちが何を裁こうとしているのか」さえも見失いそうになるギリギリの心理状態は、観客にもストレートに伝わってきます。そのメッセージはとてつもなく大きく、この作品を観た後だと少し価値観が変わるかもしれませんね。前作に引き続き脚本を担当した テイラー・シェリダンに脱帽です。

映画【ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ】それぞれの「正義」の未来は!?

映画【ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ】それぞれの「正義」の未来は!?
画像元:公式サイト

いかがでしたか?この映画【ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ】に関しては、前作をまだ観たことがなくても十分に鑑賞できる構成になっていますので、どちらから観ても問題ないかと思います。アレハンドロとイサベルとの逃避行の中で、少しだけ彼女に笑顔を向けるシーンがあるのですが、それが作品に込められた願いなのではないでしょうか。何が正義か分からなくなる闇の中で葛藤するジレンマこそが本当に越えてはいけないボーダーライン(境界線)へのブレーキかもしれません。観たことがない人はぜひこの機会に観てみてください!

\無料お試し30日間あり/

\無料トライアル実施中/

スポンサードリンク
スポンサードリンク
SF・アクション
\ この記事をシェアする /
CROSOIR CINEMA

コメント

error:Content is protected !!