★9/17(金)公開【マスカレード・ナイト】≫≫

映画【そして父になる】キャストやあらすじ、動画配信情報など見どころ紹介!福山雅治が初の父親役!是枝監督が描く家族の絆!

映画【そして父になる】キャストやあらすじ、動画配信情報など見どころ紹介!福山雅治が初の父親役!是枝監督が描く家族の絆!社会派
スポンサーリンク
スポンサードリンク

映画【そして父になる】は、2013年に公開されその年のカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞。
是枝裕和監督が描いた親子の姿に、国内外から高い評価を得た作品です。主演の福山雅治が初の父親役を演じたことでも話題になった映画【そして父になる】のキャストやあらすじ、動画配信情報など見どころをたっぷり紹介していきます!

映画【万引き家族】キャストやあらすじ、動画配信情報など紹介!社会では許されない絆で結ばれた家族の結末は!?
2018年公開の映画【万引き家族】は是枝裕和監督作品で、第71回カンヌ国際映画祭においてパルム・ドールを見事獲得。今回は映画【万引き家族】のキャストやあらすじ、動画配信情報など見どころを紹介します!
映画【パラサイト -半地下の家族-】キャストやあらすじ、動画配信情報など紹介!ポン・ジュノ監督が込めた‟意味”も考察!
2019年公開の映画【パラサイト -半地下の家族-】は衝撃的なストーリー展開で世界各国の注目の的に。映画【パラサイト -半地下の家族-】のキャストやあらすじ、動画配信情報や、ポン・ジュノ監督が作品に込めた‟意味”についての感想・考察なども紹介します!

映画【そして父になる】の作品概要

  • 公開年|2013年
  • 監督・脚本| 是枝裕和
  • キャスト|福山雅治、尾野真千子、真木よう子、二宮慶多、黄升炫、ピエール瀧、田中哲司、國村隼、井浦新、夏八木勲、樹木希林、リリー・フランキーほか

映画【そして父になる】のあらすじ

自分の望むものを手に入れてきたエリート会社員・良多(福山雅治)は、ある日病院から電話で6歳になる息子が出生時に取り違えられていたことを告げられる。妻のみどり(尾野真千子)と共に愕然とするが、取り違えが起こった相手方の斎木夫妻(リリー・フランキー、真木よう子)と話し合い、お互いの息子を交換することに。家族の絆を証明するのは、果たして血の繋がりか、一緒に過ごした時間か・・・?

映画【そして父になる】の主な登場人物・キャスト

  • 野々宮良多・・・福山雅治
  • 野々宮みどり・・・尾野真千子
  • 斎木ゆかり・・・真木よう子
  • 斎木雄大・・・リリー・フランキー
  • 野々宮慶多・・・二宮慶多
  • 斎木琉晴・・・黄升げん

映画【そして父になる】の動画配信情報

映画【そして父になる】の動画配信情報
配信中のVODサービス
※一部レンタル・購入の場合あり

※2021年8月時点の情報です。最新の配信情報は各VODサービスにてご確認下さい。

Amazonプライム・ビデオは無料お試し30日間あり
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!
動画配信サービス【TSUTAYA TV】は無料お試し期間30日間あり

<2021年最新>動画配信サービス【U-NEXT】おすすめの理由!料金や入会・解約方法、メリット・デメリットなど徹底解説!
動画配信サービスの【U-NEXT】(ユーネクスト)おすすめの理由や、料金や入会・解約方法、メリット・デメリットなど、2021年最新版の情報を徹底解説!おうち時間を充実させてくれるサービスで皆さんも充実した「おこもり時間」を過ごしてみては?
一人暮らしワンルームでもホームシアターが叶うおすすめプロジェクター
ホームシアターに憧れるけれど、一人暮らしで部屋が狭いからと諦めていませんか?今回は一人暮らしワンルームの部屋でもホームシアターが叶うおすすめのプロジェクターを紹介!充実した「おうち時間」を実現しましょう!

\無料お試し30日間あり/

映画【そして父になる】の題材は・・・?

映画【そして父になる】のクレジットには、参考文献として奥野修司氏の『ねじれた絆 -赤ちゃん取り違え事件の十七年-』が記載されています。1971年、沖縄で実際に発生した「新生児取り違え事件」の発覚から成人するまでの17年間を取材し記録したものです。そして、この文献を参考に父親視点で是枝監督が脚本も書き、製作されました。

映画【そして父になる】の見どころ

観る人の視点で「家族」を考える

この映画【そして父になる】を観て思ったのは、観る人の性別や年齢、立場によって受ける印象は全く違ってくるだろう、ということです。福山雅治演じる父親の視点がメインんで作られていますが、子どもの視点・母親の視点で捉えると見えてくるものが変わってきます。あくまでも大人たちの勝手に巻き込まれていく子どもたちは、大人が考えている以上に物事を敏感に捉えます。そして、お腹を痛めて実際に産んだ母親が持つ「母性」は、父性とはまた違ったものでしょう。

何をもって「家族」とするのか

息子の取り違えが発覚し、相手方の家族と息子同士を交換した良多(福山雅治)。「血の繋がり」こそが家族の証明し得るものだとされる世の中で、彼の中に芽生える「違和感」はしだいに鮮明になっていきます。自分の生き方や環境は完璧だと思っていたのに、この事件をきっかけに慶多と琉晴によって自分の知らない感情がどんどん芽生えていくのです。そして極めつけは、相手方の父親(リリー・フランキー)の姿。あまりにも自分と違う雰囲気で最初は小馬鹿にしつつも、他人の「父性」に触れて初めて自身の親としての在り方を見つめなおすきっかけになるのです。

父性が芽生えていく過程

この映画【そして父になる】のタイトル通り、良多の父性が変化していく過程が静かに表現されていて、「さすが是枝監督だな」と思いました。彼の「家族」をテーマにした映画作品は、どれも「こうあるべき!」という正解を明示するものではありません。観客がどう捉えるのか、問いかける作り方です。この作品に製作時点でまだ結婚すらしていなかった福山雅治を起用したのも、父性が芽生えていく過程を大事に撮りたかったのだろうと推測します。作品の序盤と終盤で福山雅治の顔つきが全然違うので、そこにも注目してみてください。

映画【そして父になる】家族・親子の形に「正しい」はない

いかがでしたか?映画【そして父になる】は、観客のほとんどが「自分ならどうするだろう」と想像を巡らせることになるのではないでしょうか?新生児の取り違え自体起こってはならないことですが、この作品のように後から気付いた時、何をもってどう答えを出すのか・・・。私はこの作品を3回観たのですが、その都度感じたことは違いました。皆さんもぜひ、色んな角度からこの作品を鑑賞してみてください。

\無料お試し30日間あり/

スポンサードリンク
スポンサードリンク
社会派
\ この記事をシェアする /
CROSOIR CINEMA

コメント

error:Content is protected !!