★9/17(金)公開【マスカレード・ナイト】≫≫

映画【罪の声】キャストやあらすじ、原作、主題歌、動画配信情報など紹介!小栗旬&星野源でグリコ・森永事件の真相を追う!?

映画【罪の声】キャストやあらすじ、原作、主題歌、動画配信情報など紹介!小栗旬&星野源でグリコ・森永事件の真相を追う!?社会派
スポンサーリンク
スポンサードリンク

2020年公開の映画【罪の声】は、塩田武士による同名小説が原作の社会派ミステリー。日本中を震撼させたグリコ・森永事件をモチーフに圧倒的なリアリティで描かれるこの作品が、小栗旬×星野源で映像化。今回は映画【罪の声】のキャストやあらすじ、原作、主題歌、動画配信情報など見どころをたっぷり紹介していきます!

映画【万引き家族】キャストやあらすじ、動画配信情報など紹介!社会では許されない絆で結ばれた家族の結末は!?
2018年公開の映画【万引き家族】は是枝裕和監督作品で、第71回カンヌ国際映画祭においてパルム・ドールを見事獲得。今回は映画【万引き家族】のキャストやあらすじ、動画配信情報など見どころを紹介します!
映画【新聞記者】キャストやあらすじ、原作、動画配信情報など紹介!韓国の演技派女優シム・ウンギョンと松坂桃李W主演!
2019年公開の映画【新聞記者】は、東京新聞記者・望月衣塑子の同名ベストセラーを原案とした社会派サスペンス。韓国の演技派女優シム・ウンギョンと松坂桃李のW主演でも話題を集めた映画【新聞記者】のキャストやあらすじ、原作、動画配信情報など見どころを紹介します!

映画【罪の声】の作品概要

映画【罪の声】のあらすじ

映画【罪の声】のあらすじ
画像元:公式サイト

35年前、日本中を巻き込み震撼させた驚愕の大事件。
食品会社を標的とした一連の企業脅迫事件は、誘拐や身代金要求、そして毒物混入など数々の犯罪を繰り返す凶悪さと同時に、
警察やマスコミまでも挑発し、世間の関心を引き続けた挙句に忽然と姿を消した謎の犯人グループによる、
日本の犯罪史上類を見ない劇場型犯罪――。

大日新聞記者の阿久津英士(小栗旬)は、
既に時効となっているこの未解決事件を追う特別企画班に選ばれ、取材を重ねる毎日を過ごしていた。
一方、京都でテーラーを営む曽根俊也(星野源)は、
家族3人で幸せに暮らしていたが、ある日、父の遺品の中に古いカセットテープを見つける。
「俺の声だ――」
それは、あの未解決の大事件で犯人グループが身代金の受け渡しに使用した脅迫テープと全く同じ声だった!

やがて運命に導かれるように2人は出会い、ある大きな決断へと向かう。
「正義」とは何か?「罪」とは何か?
事件の深淵に潜む真実を追う新聞記者の阿久津と、
脅迫テープに声を使用され、知らないうちに事件に関わってしまった俊也を含む3人の子供たち。
昭和・平成が幕を閉じ新時代が始まろうとしている今、
35年の時を経て、それぞれの人生が激しく交錯し、衝撃の真相が明らかになる――

引用元:公式サイト

映画【罪の声】の登場人物・キャスト

主人公の2人

画像元:公式サイト
  • 阿久津英士・・・小栗旬
    大日新聞の記者。既に時効を迎えている35年前の未解決事件について、真相を追っている。
  • 曽根俊也・・・星野源
    父親から引き継いだテーラーを営む男。偶然、幼少時の自分の声が日本中を震撼させた昭和の未解決事件の犯行に利用されていたことを知る。

2人を取り巻く人物たち

映画【罪の声】の登場人物・キャスト
画像元:公式サイト
  • 亜美(俊也の妻)・・・市川実日子
  • 真由美(俊也の母)・・・梶芽衣子、(若い頃:阿部純子)
  • 達雄(俊也の叔父)・・・宇崎竜童
  • 水島洋介(阿久津が所属する大日新聞の元社会部記者)・・・松重豊
  • 鳥居雅夫(大日新聞の社会部事件担当デスク)・・・古舘寛治
  • 千代子(事件に翻弄される生島家の母親)・・・篠原ゆき子
  • 河村和信(スーツの仕立て職人)・・・火野正平
  • 須藤みち(麻雀店の元オーナー)・・・正司照枝

映画【罪の声】の動画配信情報

映画【罪の声】の動画配信情報
配信中のVODサービス
※一部レンタル・購入の場合あり

※2021年8月時点の情報です。最新の配信情報は各VODサービスにてご確認下さい。

Amazonプライム・ビデオは無料お試し30日間あり
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!
動画配信サービス【TSUTAYA TV】は無料お試し期間30日間あり
Paraviは2週間の無料体験期間あり

<2021年最新>動画配信サービス【U-NEXT】おすすめの理由!料金や入会・解約方法、メリット・デメリットなど徹底解説!
動画配信サービスの【U-NEXT】(ユーネクスト)おすすめの理由や、料金や入会・解約方法、メリット・デメリットなど、2021年最新版の情報を徹底解説!おうち時間を充実させてくれるサービスで皆さんも充実した「おこもり時間」を過ごしてみては?
一人暮らしワンルームでもホームシアターが叶うおすすめプロジェクター
ホームシアターに憧れるけれど、一人暮らしで部屋が狭いからと諦めていませんか?今回は一人暮らしワンルームの部屋でもホームシアターが叶うおすすめのプロジェクターを紹介!充実した「おうち時間」を実現しましょう!

\無料お試し30日間あり/

映画【罪の声】の原作は?

映画【罪の声】の原作は、塩田武士による同名小説(講談社)です。2016年に発表され、2016年度週刊文春ミステリーベスト10国内部門第1位第7回山田風太郎賞受賞を獲得しているベストセラー。昭和最大の未解決事件とされる「グリコ・森永事件」をモチーフに、あくまでフィクションとしながらも、繊細に積み上げられた取材によって圧倒的なリアリティが生まれ、今なお注目を浴びる作品です。

映画【罪の声】の主題歌

映画【罪の声】の主題歌
画像元:公式サイト

映画【罪の声】の主題歌は、Uru『振り子』(ソニー・ミュージックレーベルズ)に決定しました。透明感があり、聴く人の心に沁みわたるような歌声のUru。登場人物たちそれぞれの人生が複雑に絡み合う映画【罪の声】の世界観を包み込むような楽曲で、映画に込められたメッセージを歌でも届けてくれます。

映画【罪の声】の見どころ

映画【罪の声】の見どころ
画像元:公式サイト

ずばり、映画【罪の声】の見どころを簡単にまとめてみました!

  • 昭和最大の未解決事件が時代を超えて伝えるメッセージ
  • 脅迫テープをめぐり交錯する阿久津(小栗)と俊也(星野)の運命
  • 35年の時を経て浮かび上がる悲しい宿命
  • 「正義」とは?「罪」とは?この映画がたどりつく‟答え”

既に時効を迎え、35年間その真実の扉が開けられなかった未解決事件。ただ真実を暴きたいという阿久津が抱く「信念」も、俊也やその他の関係者と接することで揺らいでいきます。事件はなぜ起こったのか、なぜ俊也の声が使われたのか、無数にうごめく事件への「疑念」と、時効を迎えてもそのパンドラの箱を開けることが果たして本当の「正義」なのかという両極の葛藤が、観客へ大きなテーマを投げかけます。事件が巻き込んだ多くの登場人物たちの人生が浮かび上がったとき、この作品から見えてくる「答え」は一体どんなものでしょうか・・・!?

映画【罪の声】小栗旬×星野源で描く社会派サスペンスの大作に期待!

映画【罪の声】の原作を読みましたが、心の中にずっと後味が残るような感覚で、少し恐怖感のようなものを感じました。あくまでフィクションとして書かれた小説ですが、あまりにもリアリティがあって、本当に書いてあることがそのまま事実なのでは、と思うほどです。この作品を映像化するのは相当なエネルギーを要しただろうし、「映像化することでインパクトが大きくなるだろうな」と感じています。真実を明らかにすることは「正義」だと信じ動く阿久津が、俊也たちを接することで「正義とは、罪とは何か?」と哲学的な自問に陥っていく様子を、小栗旬がどのように演じるのかも楽しみですね。そして小栗旬と初共演となる星野源も、昭和最大の未解決事件に関わっていたことを偶然知り人生を翻弄されていく男をどう見せてくれるのか期待が高まります!

\無料お試し30日間あり/

スポンサードリンク
スポンサードリンク
社会派
\ この記事をシェアする /
CROSOIR CINEMA

コメント

error:Content is protected !!