オーディオ機器

【2022年最新版】サウンドバーおすすめ3選|一人暮らし向け|後悔しない注意点も解説

【2022年最新版】サウンドバーおすすめ3選|一人暮らし向け|後悔しない注意点も解説

©️CROSOIR

この記事はこんな人におすすめ
  • 1人暮らしだけどホームシアターに憧れている
  • 1人暮らし用の狭い部屋向けのサウンドバーが知りたい
  • サウンドバー選びで後悔しない注意点を知りたい

今回は、一人暮らしワンルームの狭い部屋でも気軽に導入できるおすすめの〈サウンドバー〉3選を紹介していきます!
後悔しないサウンドバー選びで、充実した「おうち時間」を実現させましょう!

https://crosoir.site/special-34/

https://crosoir.site/special-22/

おすすめタグ ホームシアター / おすすめガジェット / サウンドバー / プロジェクター / ヘッドホン・イヤホン

サウンドバーがあれば臨場感たっぷりに映像コンテンツが楽しめる!

ホームシアターでこだわりたい「音質」。でも場所はとりたくない…!

映画や海外ドラマ好きな人は一度は憧れる「ホームシアター」。お気に入りのコンテンツを充実の環境で鑑賞できたら最高ですよね。でも、一人暮らしワンルームなどわりとコンパクトな空間でそれを実現させようとすると、機材選びは慎重にしなければなりません。

あれもこれも、と良い機材を揃えたい気持ちになりますが、今回ご紹介する《サウンドバー》ウーファー搭載型でワイヤレスタイプのものもあるので場所を取らす気軽に導入可能です。

では早速、一人暮らしにおすすめの〈サウンドバー〉を3つ紹介していきます!

一人暮らしワンルーム向き|サウンドバーおすすめ3選

ずばり、一人暮らし向きのサウンドバーおすすめ3つはこちら↓↓

一つずつ商品概要を見ていきましょう!

YAS-209 / YAMAHA

商品概要

  • ブランド|YAMAHA
  • 商品名・型番|YAS-209
  • 価格|3万円台後半
  • 付属|リモコン、光ケーブル(1.5m)1本、電源コード(1.5m)2本、壁掛け取付用テンプレート、スタートアップガイド、安全上のご注意
  • 製品サイズ|サウンドバー:930W×62H×109Dmm、サブウーファー:191W×420H×406Dmm
  • 重量|サウンドバー:2.7kg、サブウーファー:7.9kg
  • その他|バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応し、前方・左右・後方に加え、高さ方向の音場もバーチャルで再現する3Dサラウンドモードを搭載。付属のワイヤレスサブウーファーは自動でサウンドバー本体と接続し、部屋の好きな場所に置ける。

おすすめPOINT

  • 日本の有名メーカー製で、この価格帯で購入できるのは嬉しいポイント。
  • サブウーファーはワイヤレス設置可能で、煩わしい手間が不要。
  • サウンドバーから直接SpotifyやAmazon Musicにアクセスする機能や、5種類(映画、音楽、ゲーム、スポーツ、テレビ番組)のサラウンドが楽しめる点など、価格と機能面のバランスが非常に良心的な商品。
こんな人におすすめ
  • テレビ・映画・音楽・ゲーム・スポーツ番組などあらゆる映像コンテンツを充実のサラウンドで楽しみたい人、日本製でコスパの良いサウンドバーが欲しい人におすすめ

Smart Soundbar 900 / BOSE

商品概要

  • ブランド|BOSE
  • 商品名・型番|Smart Soundbar 900
  • 価格|9万円台〜11万円台
  • 付属|リモコン、光ケーブル(1.5m)1本、電源コード(1.5m)2本、壁掛け取付用テンプレート、スタートアップガイド、安全上のご注意
  • 製品サイズ|サウンドバー:930W×62H×109Dmm、サブウーファー:191W×420H×406Dmm
  • 重量|サウンドバー:2.7kg、サブウーファー:7.9kg
  • その他|バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応し、前方・左右・後方に加え、高さ方向の音場もバーチャルで再現する3Dサラウンドモードを搭載。付属のワイヤレスサブウーファーは自動でサウンドバー本体と接続し、部屋の好きな場所に置ける。

おすすめPOINT

  • BOSEならではの良質な低音で、映画館のような迫力のサウンドを堪能できるので、「没入感」を大事にしたい人にピッタリ。
  • それなりの値段なので、「予算的に厳しいけど信頼感のあるBOSE製のサウンドバーが欲しい」という人はBose Smart Soundbar 300(5万円台後半)やBose TV Speaker(3万円台後半)も比較対象にして検討してみては?
    (→BOSEのサウンドバーについてはこちらの記事も参考にどう♪)
こんな人におすすめ
  • とにかく「低音」重視、「没入感」を味わいたい、価格は多少張っても満足感ある音質環境にこだわりたい人におすすめ

HT-X8500 / SONY

商品概要

  • ブランド|SONY
  • 商品名・型番|HT-X8500
  • 価格|3万円台後半〜5万円台前半
  • 付属|ワイヤレスリモコン、HDMIケーブル(4K60P、18Gbps対応、1.5m)、単4形乾電池×2、ACコード、ACアダプター、壁掛けテンプレート
  • 製品サイズ|9.6 x 89.0 x 6.4 cm
  • 重量|バースピーカー:3.1kg、カートン含む総重量:5Kg
  • その他|迫力の低音が実現するデュアルサブウーファー搭載!再生コンテンツの原音に忠実なサウンドを実現するデジタルアンプ搭載!マンションなどでの視聴、深夜時間での視聴の時に気になる「騒音」にも配慮し、「サウンドオプティマイザー」で小音量でも高音質に!さらに「ナイトモード」もあり人の声やセリフが明瞭に聞き取れる!

おすすめPOINT

  • サウンドバー初心者におすすめのコスパの良い商品。
  • サブウーファー内蔵でスリムな設計なので、設置場所に困らないのは嬉しい。
  • 深夜などそもそもの音量を抑えたい時に便利な「ナイトモード」があり、小音量でもクリアな音質で映像コンテンツを楽しめる。
こんな人におすすめ
  • サウンドバーを買うのが初めてでどれを買ったらいいか正直迷っている人、とりあえずテレビの音質をバランスよく向上させたい人におすすめ

サウンドバー選びで後悔しないための注意点

サウンドバー選びで後悔しないための注意点

一人暮らし向けの〈サウンドバー〉のおすすめ商品を3つ紹介しましたが、ここで商品を選ぶときの注意点を押さえておきましょう。

  • 部屋の広さに見合った商品選びを!
    ホームシアター系のガジェット選びの際に搭載されている機能にばかり注目しがちですが、そもそも設置する部屋の広さを考慮して選んでいますか?高性能で高額なサウンドバーを何も考えずに購入すると、一人暮らし程度の部屋には持て余すことも…。
  • ペット(特に猫)にも注意!
    私自身猫と一緒に暮らしていますが、サウンドバーを購入する時に一番気にしていたのが実はこれ。サウンドバー表面がクッション地のようになっているものは、「これで爪を研いでしまったらどうしよう…」と心配になることも。猫それぞれの性格にもよりますが、いたずら好きでやんちゃな猫がいる場合は、サウンドバーの表面の素材や設置場所にも注意が必要です。
  • 接続したい機器の種類と数を確認しておく!
    テレビだけでなく、ゲーム機器やレコーダーなど外部機器と接続したい場合は、接続に必要な端子の種類や数を確認した上で購入しましょう。また、サウンドバーそのものの対応接続方法も確認を。

おすすめタグ ホームシアター / おすすめガジェット / サウンドバー / プロジェクター / ヘッドホン・イヤホン

https://crosoir.site/special-22/

https://crosoir.site/special-28/

サウンドバーで一人暮らしでも充実のサラウンド環境を!

SONY(ソニー)『サウンドバー HT-X8500』で夢のホームシアターを実現させよう!

いかがでしたか?「ホームシアター」って色んな機材を揃えなきゃいけないし場所もとりそう・・・というイメージを持ちがちですが、今回紹介したサウンドバーのように、さまざまな機能が搭載されたコンパクトな機材も充実しています。

ワンルームの狭い部屋だから・・・とホームシアターをあきらめるのはもったいない!充実の高音質で、お気に入りの映像コンテンツを楽しんでみて下さい♪

\サウンドバーをさがす/

-オーディオ機器
-, ,

error: Content is protected !!