★6/25金)の金曜ロードショーは【ピーターラビット】≫≫

一人暮らしワンルームにおすすめ!気軽に導入できる《サウンドバー》でホームシアターが叶う!

一人暮らしワンルームにおすすめ!気軽に導入できる《サウンドバー》でホームシアターが叶う!おすすめ特集
©CROSOIR CINEMA
スポンサーリンク
スポンサードリンク
クロ
クロ

おうち時間が増えて、ホームシアターの環境を整えようと思っているんだけど、一人暮らしワンルームの狭い部屋でも大丈夫かな…。あれもこれも、ってたくさん揃えなきゃいけないとなると面倒だなぁ…。

PECO
PECO

確かに、スクリーンにプロジェクターにスピーカーに…って色んな機材を揃えなきゃいけないイメージあるよね。でも、今はすごく気軽にホームシアターが叶うおすすめのガジェットがあるんだよ!一人暮らしワンルームの狭い部屋でも気軽に導入できる《サウンドバー》があるから、おすすめを紹介するね!

映画や海外ドラマ好きの人なら一度は憧れる「ホームシアター」。映画や海外ドラマやYouTubeなど、様々な動画コンテンツを自宅で楽しむなんて素敵な時間ですよね!

そこで今回は、一人暮らしワンルームの狭い部屋でも気軽に導入できてホームシアターが叶うおすすめの《サウンドバー》を紹介!ぜひ充実した「おうち時間」を過ごしましょう!

一人暮らしワンルームでもホームシアターが叶うおすすめプロジェクター
ホームシアターに憧れるけれど、一人暮らしで部屋が狭いからと諦めていませんか?今回は一人暮らしワンルームの部屋でもホームシアターが叶うおすすめのプロジェクターを紹介!充実した「おうち時間」を実現しましょう!
<2021年最新>動画配信サービス【U-NEXT】おすすめの理由!料金や入会・解約方法、メリット・デメリットなど徹底解説!
動画配信サービスの【U-NEXT】(ユーネクスト)おすすめの理由や、料金や入会・解約方法、メリット・デメリットなど、2021年最新版の情報を徹底解説!おうち時間を充実させてくれるサービスで皆さんも充実した「おこもり時間」を過ごしてみては?

ホームシアターでこだわりたい「音質」。でも場所はとりたくない…!

ホームシアターでこだわりたい「音質」。でも場所はとりたくない…!

映画や海外ドラマ好きな人は一度は憧れる「ホームシアター」。お気に入りのコンテンツを充実の環境で鑑賞できたら最高ですよね。でも、一人暮らしワンルームなどわりとコンパクトな空間でそれを実現させようとすると、機材選びは慎重にしなければなりません。あれもこれも、と良い機材を揃えたい気持ちになりますが、今回ご紹介する《サウンドバー》ウーファー搭載型でワイヤレスタイプなので場所を取らす気軽に導入可能です。「音質にもこだわりたいけど設置スペースをあまり取れない…」というホームシアター初心者の方はぜひ一度検討してみて下さい!

ずばり、一人暮らしワンルームの部屋におすすめのサウンドバーは…

ずばり、一人暮らしワンルームの狭い部屋でも気軽に導入できるおすすめのサウンドバーは、SONY(ソニー)の『サウンドバー HT-X8500』

コンパクトな設計ながら機能はなかなかの充実ぶりで、私も去年(2020年)から自分の部屋用に導入して、かなり重宝しています。では、一人暮らしワンルームの狭い部屋になぜこの『サウンドバー HT-X8500』がおすすめなのか、その理由などを挙げてみますね!

SONY(ソニー)『サウンドバー HT-X8500』がおすすめな理由

SONY(ソニー)『サウンドバー HT-X8500』がおすすめな理由

まず、私自身が購入する際に決め手となったポイントがこちら↓↓

  • 9.6 x 89 x 6.4 cm のコンパクト設計!
  • 迫力の低音が実現するデュアルサブウーファー搭載!
  • 再生コンテンツの原音に忠実なサウンドを実現するデジタルアンプ搭載!
  • マンションなどでの視聴、深夜時間での視聴の時に気になる「騒音」にも配慮し、「サウンドオプティマイザー」で小音量でも高音質に!さらに「ナイトモード」もあり人の声やセリフは明瞭に聞き取れる!
  • Bluetooth(R)対応!

とにかく優先したかったのが、「騒音」に配慮された上で高音質を実現させる「サウンドオプティマイザー」「ナイトモード」。普段映画や海外ドラマを見るのは寝る前など夜遅い時間帯がメインなので、そこはかなり重要視しました。音量を小さくしても人の声やセリフははっきりと聞き取れるので非常に快適です。

そして実は『サウンドバー HT-X8500』はテレビの下などに置くだけでなく壁掛けも可能。空間を効率よく使った自由度の高い配置にすることができますね!

SONY(ソニー)『サウンドバー HT-X8500』の長所と短所

では、もっと客観的にこの『サウンドバー HT-X8500』の長所と短所を見ていきましょう。

長所
  • 4K放送の音声フォーマットに対応している。
  • サブウーファー内臓&配線が煩わしくない。
  • 壁掛け設置も可能(ネジ等を別途用意が必要)。
  • 4万前後の価格帯にしては高スペック。映画好きも満足の音質を実現。
短所
  • HDMI端子が入力・出力1端子ずつしかない。
  • サウンドバー本体に表示パネル等がないので、最初の設定など「できているのかどうか」はランプの点滅だけで確認しなければならない。

短所のこの2点は、ちょっと欲張りな意見かもしれませんが、実際に私が購入して「おぉ…!!!」と戸惑った部分でした。ご購入の際は、設置する際にきちんと取扱説明書を確認することをおすすめします(笑)。

\SONY(ソニー)サウンドバー HT-X8500をさがす/

SONY(ソニー)『サウンドバー HT-X8500』の商品概要

商品概要
  • ブランド|SONY(ソニー)
  • 型番|HT-X8500
  • サイズ|奥行き × 幅 × 高さ⇒ 9.6 x 89.0 x 6.4 cm
  • 付属|ワイヤレスリモコン、HDMIケーブル(4K60P、18Gbps対応、1.5m)、単4形乾電池×2、ACコード、ACアダプター、壁掛けテンプレート
  • 音声フォーマット|ドルビーアトモス、DTS:X(R)に対応
  • スピーカー構造|2.1ch(内蔵サブウーファー)
  • Bluetooth(R)|対応〇

\SONY(ソニー)サウンドバー HT-X8500をさがす/

SONY(ソニー)『サウンドバー HT-X8500』で夢のホームシアターを実現させよう!

SONY(ソニー)『サウンドバー HT-X8500』で夢のホームシアターを実現させよう!

いかがでしたか?「ホームシアター」って色んな機材を揃えなきゃいけないし場所もとりそう・・・というイメージを持ちがちですが、今は『サウンドバー HT-X8500』のようにさまざまな機能が搭載されたコンパクトな機材も充実しています。ワンルームの狭い部屋だから・・・とホームシアターをあきらめるのはもったいない!充実の高音質で、お気に入りの映像コンテンツを楽しんでみて下さい♪

\SONY(ソニー)サウンドバー HT-X8500をさがす/

スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめ特集
\ この記事をシェアする /
CROSOIR CINEMA

コメント

error:Content is protected !!