★9/17(金)公開【マスカレード・ナイト】≫≫

映画【スタンド・バイ・ミー】キャストやあらすじ、動画配信情報など見どころ紹介!唯一無二の輝きを放ち続ける名作!

映画【スタンド・バイ・ミー】キャストやあらすじ、動画配信情報など見どころ紹介!唯一無二の輝きを放ち続ける名作!ヒューマンドラマ
画像元:公式サイト
スポンサーリンク
スポンサードリンク

1986年公開の映画【スタンド・バイ・ミー】はスティーブン・キングの小説が原作。今回は唯一無二の輝きを放ち続ける名作映画【スタンド・バイ・ミー】のキャストやあらすじ、動画配信情報など見どころを紹介していきます!

映画【オーケストラ・クラス】キャストやあらすじ、動画配信情報など見どころ紹介!音楽家と子どもたちが織りなす感動の物語!
フランスに実在する音楽教育プログラムからヒントを得た心温まる映画【オーケストラ・クラス】。ヴァイオリニストと子どもたちが織りなす感動の物語です。映画【オーケストラ・クラス】のキャストやあらすじ、動画配信情報など見どころを紹介していきます!
映画【天使にラブ・ソングを】のキャストやあらすじ、挿入曲、動画配信情報など紹介!歌が生み出す奇跡の絆に感動!
映画【天使にラブ・ソングを】のキャストやあらすじ、挿入曲、動画配信情報など紹介!1992年に製作され、長く世界中から愛される名作です。破天荒なシスターが起こす奇跡の物語に、きっとあなたも感動するはず!?改めて作品の魅力を紹介していきます!

映画【スタンド・バイ・ミー】の作品概要

  • 公開年|1986年(日本:1987年)
  • 監督|ロブ・ライナー
  • 脚本|ブルース・A・エヴァンス、レイノルド・ギデオン
  • キャスト|ウィル・ウィートン、リヴァー・フェニックス、コリー・フェルドマン、ジェリー・オコンネル、キーファー・サザーランド他
  • 主題歌|『スタンド・バイ・ミー』/ベン・E・キング

映画【スタンド・バイ・ミー】のあらすじ

1959年オレゴンの小さな町。文学少年ゴーディをはじめとする12才の仲良し4人組は、行方不明になった少年が列車に轢かれて野ざらしになっているという情報を手にする。死体を発見すれば一躍ヒーローになれる!4人は不安と興奮を胸に未知への旅に出る。たった2日間のこの冒険が、少年たちの心に忘れえぬ思い出を残した・・・・・・。

引用元:公式サイト

映画【スタンド・バイ・ミー】の登場人物・キャスト・吹替声優

  • ゴーディ・・・ウィル・ウィートン(土井美加)
  • クリス・・・リバー・フェニックス(高山みなみ)
  • テディ・・・コリー・フェルドマン(水原リン)
  • バーン・・・ジェリー・オコネル(亀井芳子)
  • エース・・・キーファー・サザーランド(森川智之)
  • 作家・・・リチャード・ドレイファス(野島昭生)

映画【スタンド・バイ・ミー】の動画配信情報

映画【スタンド・バイ・ミー】の動画配信情報
配信中のVODサービス
※一部レンタル・購入の場合あり

※2021年5月時点の情報です。最新の配信情報は各VODサービスにてご確認下さい。

Amazonプライム・ビデオは無料お試し30日間あり
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

動画配信サービス【TSUTAYA TV】は無料お試し期間30日間あり
Paraviは2週間無料お試しあり

〈2020年最新版〉動画配信+宅配レンタルの【TSUTAYA TV / TSUTAYA DISCAS】について徹底解説!
〈2020年最新版〉動画配信+宅配レンタルの【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】について、サービス内容や料金、無料お試しについて、また登録方法などについても徹底解説していきます!
<2021年最新>動画配信サービス【U-NEXT】おすすめの理由!料金や入会・解約方法、メリット・デメリットなど徹底解説!
動画配信サービスの【U-NEXT】(ユーネクスト)おすすめの理由や、料金や入会・解約方法、メリット・デメリットなど、2021年最新版の情報を徹底解説!おうち時間を充実させてくれるサービスで皆さんも充実した「おこもり時間」を過ごしてみては?

\無料お試し30日間あり/

映画【スタンド・バイ・ミー】の見どころ

ずばり、映画【スタンド・バイ・ミー】の見どころを簡単にまとめてみました。

  • 友情、青春、冒険。誰の心にも響く不朽の名作
  • 少年時代だからこそ築ける無垢な友情
  • ひと夏の冒険で浮かび上がる4人それぞれのコンプレックス
  • 4人の少年が向き合う「生と死」
  • ベン・E・キングの主題歌『スタンド・バイ・ミー』を聴いただけで胸がアツくなる!

大人として歳を重ねれば重ねるほど、この映画【スタンド・バイ・ミー】が放つメッセージの尊さを痛感します。大人になる前の大切で輝かしい時期。4人の少年たちが共有する「ひと夏の冒険」は、彼らに多くの感情をもたらします。友情、絆、コンプレックス、人生観…。子どもらしい感性でそれらを体感し、冒険が終わる頃には大人が目を見張るほど成長しているんですよね。私自身、将来子どもを授かったら、絶対に「子どものうちに」この作品を観て欲しいな、と考えています。

映画【スタンド・バイ・ミー】青春の輝きを切り取った心に残る名作

スティーブン・キングの小説(短編集)『恐怖の四季』に収められている「THE BODY(邦題:秋の目覚め)」が原作の映画【スタンド・バイ・ミー】。公開されたのっは1986年ですが、30年以上経った今でも褪せない輝きを放ち、「青春映画といえば?」と聞かれれば私はこの作品を即答します。

苦しんだり悩んだりしても、かけがえのない「あの頃」あどうして大切なのか、自分自身に向き合うことは結局どういうことなのか

映画【スタンド・バイ・ミー】は作品を観終わった後もずっと、私の心の中で温かいメッセージを送り続けてくれています。

\無料お試し30日間あり/

スポンサードリンク
スポンサードリンク
ヒューマンドラマ
\ この記事をシェアする /
CROSOIR CINEMA

コメント

error:Content is protected !!