★4/16(金)の金曜ロードショーは【劇場版 名探偵コナン 異次元の狙撃手】】≫≫

映画【ファブリックの女王】キャストやあらすじ、動画配信情報など紹介!マリメッコ創業者、アルミ・ラティアの斬新な伝記映画!

映画【ファブリックの女王】キャストやあらすじ、動画配信情報など紹介!マリメッコ創業者、アルミ・ラティアの斬新な伝記映画!ファッション

日本でも大人気の北欧デザインブランド、『マリメッコ』。戦後のフィンランドで奇跡の大成功をおさめたブランドの裏側にある、創業者のアルミ・ラティアの波乱万丈な人生を描いた伝記映画【ファブリックの女王】のキャストやあらすじ、動画配信情報など見どころをたっぷり紹介していきます!

映画【マノロ・ブラニク -トカゲに靴を作った少年-】の魅力・動画配信情報を紹介!世界がマノロの靴に夢中になる理由!
2017年に公開されたドキュメンタリー映画【マノロ・ブラニク -トカゲに靴を作った少年-】。世界中の女性がマノロの靴に夢中!彼の生い立ちやインスピレーションの根源を探る映画【マノロ・ブラニク -トカゲに靴を作った少年-】の魅力・動画配信情報などを紹介していきます!
映画【アイリス・アプフェル! 94歳のニューヨーカー】の魅力・動画配信情報を紹介!彼女の‟スタイル”が教えてくれること
ファッションやアート業界でも知らない人はいない!?そんなアイリス・アプフェルの魅力を追ったドキュメンタリー映画【アイリス・アプフェル! 94歳のニューヨーカー】の魅力・動画配信情報を紹介!ジャズのようにファッションを楽しむ彼女の‟スタイル”が教えてくれることとは一体・・・?
スポンサーリンク

■映画【ファブリックの女王】の作品概要

  • 公開・・・2016年(日本)
  • 原題・・・『Armi elaa!』
  • 監督・・・ヨールン・ドンネル(イングマール・ベルイマン監督の名作「ファニーとアレクサンデル」のプロデューサーで、初期マリメッコの役員)
  • 製作国・・・フィンランド
  • キャスト・・・ミンナ・ハープキュラ、ラウラ・ビルン、ハンヌ=ペッカ・ビョルクマン、レア・マウラネン、ロベルト・エンケル、ヨアンナ・ハールッティ他

■映画【ファブリックの女王】のあらすじ

画像元:公式サイト

戦後まもないフィンランド。
戦争で兄弟も工房も失ったアルミは、夫のヴィリヨが買収した業務用のオイルプリントを作る会社で働き出す。やがて、個人向けに綿のファブリックにプリントすることを思いつき、1951年、新たな会社を立ち上げる。
会社の名前は<マリメッコ>。
しかし、その船出は順風満帆とは言えなかった。そこで、ただファブリックを売るだけでなく、その使い方を示すドレスのファッションショーを企画。ヘルシンキで初めて行なわれたファッションショーは、全財産をかけた大博打だったが、大成功をおさめる。カラフルで斬新なデザインのファブリックと、女性をレースやコルセットから解放したドレスは、たちまち注目を集め、事業は軌道に乗り始めた。アルミは才能あるデザイナーを集めて自由にデザインさせ、それぞれのファブリックには名前とデザイナーの名前を記すことにした。<マリメッコ>はアルミの全てであり、何でも言い合える従業員たちは“家族”だった。しかし“家族”の面倒を全て引き受け、出費を惜しまないアルミは、銀行団に非難され、幾度も倒産の危機に陥った。
一方、<マリメッコ>にのめり込むあまりに常識を外れていくアルミに、夫や子どもたちはついていけなくなっていた。理解されない、愛されない寂しさを、酒や他の男性で埋めようとするアルミ。<マリメッコ>は「知的な人々のユニフォーム」として世界に認められるようになり、職住が一体となった自然あふれる理想郷 “マリメッコ村(マリキュラ)”をつくるためにアルミは奔走するのだが・・・舞台劇でアルミ・ラティアを演じる女優マリアの俯瞰的視点で、アルミの人生を浮き彫りにしていく。

引用元:公式サイト

■映画【ファブリックの女王】の主な登場人物・キャスト

映画【ファブリックの女王】の主な登場人物・キャスト

画像元:公式サイト

  • アルミ・ラティア・・・ミンナ・ハープキュラ
  • リーナ・・・ラウラ・ビルン
  • ヴィリヨ・ラティア・・・ハンヌ=ペッカ・ビョルクマン
  • ケルットゥ・・・レア・マウラネン

■映画【ファブリックの女王】の動画配信情報


ファブリックの女王(字幕版)

映画【ファブリックの女王】の動画は、

で視聴することが可能です。(※【TSUTAYA TV】に関しては観放題対象外作品です)

Amazonプライム無料体験30日間あり
動画配信サービス【TSUTAYA TV】は無料お試し期間30日間あり

※本記事の内容は2020年9月時点の情報です。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
〈2020年最新版〉動画配信+宅配レンタルの【TSUTAYA TV / TSUTAYA DISCAS】について徹底解説!
〈2020年最新版〉動画配信+宅配レンタルの【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】について、サービス内容や料金、無料お試しについて、また登録方法などについても徹底解説していきます!

■映画【ファブリックの女王】の見どころ

映画【ファブリックの女王】の見どころ

画像元:公式サイト

ずばり、映画【ファブリックの女王】の見どころを簡単にまとめてみました!

  • 世界から愛される《マリメッコ》誕生の裏側に潜むストーリー
  • ブランドの栄光と創業者アルミ・ラティアの波乱万丈な人生
  • 劇中劇スタイルで浮かび上がるアルミ・ラティアの人間性
  • アメリカやイギリスとは雰囲気の違う!?フィンランドらしいこざっぱりとした演出
  • アルミ・ラティアが追い求めたもの

映画【ファブリックの女王】は、一般的な伝記ものとは雰囲気が違います。劇中劇スタイルで描かれ、余分なものは一切排除したとても‟こざっぱり”とした印象。それでいて、彼女が持っていた激しい感情の起伏や執念を剥き出しで表現しています。ファッションブランドのデザイナーにスポットを当てた伝記映画は数多くありますが、その流れで本作を観ると‟異質”な印象を感じるかもしれません。

しかし注目したいのは、この映画【ファブリックの女王】の監督であるヨールン・ドンネルが《マリメッコ》の初期の頃役員を務め、当時のアルミ・ラティアや《マリメッコ》の歴史をその目で見て来た人物であるという点。ブランドがなんとか軌道に乗り輝かしい成功を収める一方で、自分の理想のみを追い求めるアルミ・ラティアの生活は崩壊していきます。「女優がアルミの波乱万丈な人生を探りながら演じていく」という客観的な視点から外れずに描き切ったことで、アルミの人間性をリアルに浮かび上がらせることに成功していると思います。

彼女が抱える人間性の欠点を包み隠さず描く割り切った演出は、個人的にはとてもフィンランドらしく感じました

決して甘くないアパレルの世界で、必死に自分の理想を追いかけるアルミ・ラティアが何を失っていったのか。華やかに見える栄光の裏側には、人間臭いリアルなストーリーが存在しているのです。

■映画【ファブリックの女王】まるで舞台!斬新な演出スタイルは万人ウケなど狙っていない!?

映画【ファブリックの女王】まるで舞台!斬新な演出スタイルは万人ウケなど狙っていない!?

画像元:公式サイト

ファッション映画が好きな人や、ブランドデザイナーを追うドキュメンタリー映画が好きな人は、この映画【ファブリックの女王】についてあまり良い評価をしないかもしれません。主人公のアルミ・ラティアを劇中劇スタイルで終始《外から》の視点で描き、映画なのに映画用のドラマチックな装飾などいっさい施さずに仕上げているからです。観客は感情移入どころか共感するポイントを見つけるのにも苦労するかもしれません。
しかし私個人的には、アルミ・ラティアという人間と《マリメッコ》の栄光と影をその目で見てきたヨールン・ドンネル監督の姿勢にとても好感が持てました。彼が知っていること、感じたこと以上の余計なものを盛り込まずに作品を仕上げてくれたおかげで、華やかに見えるアパレルの世界の“リアル”に触れることができた気がするのです。戦後の経済成長期にあったフィンランドという国の中で、《マリメッコ》を通して彼女が必死に追いかけたものは何だったのか・・・。可愛らしくも大胆なファブリックに秘められた裏側のストーリーを知ると、今までとは違った印象でその世界を見つめることができるのではないでしょうか

コメント

error:Content is protected !!