★4/23(金)の金曜ロードショーは【劇場版 名探偵コナン 天国へのカウントダウン】】≫≫

映画【マスカレードホテル】キャストやあらすじ、動画配信情報など見どころ紹介!明石家さんまがまさかのサプライズ出演!?

映画【マスカレードホテル】キャストやあらすじ、動画配信情報など見どころ紹介!明石家さんまがまさかのサプライズ出演!?サスペンス・ミステリー

2019年公開の映画【マスカレードホテル】は、東野圭吾の大ヒット小説が原作。まさかの明石家さんまのサプライズ出演でも話題になった映画【マスカレード・ホテル」のキャストやあらすじ、動画配信情報など見どころをたっぷり紹介していきます!

映画【マスマレード・ナイト】キャストやあらすじ、原作、動画配信情報など見どころ紹介!「マスカレード・ホテル」待望の続編!
2021年9月17日(金)公開の映画【マスカレード・ナイト】。前作「マスカレード・ホテル」の続編として木村拓哉×長澤まさみのタッグ再び!映画【マスマレード・ナイト】のキャストやあらすじ、原作、動画配信情報など見どころを紹介します!
映画【記憶にございません!】キャストやあらすじ、動画配信情報など紹介!天海祐希が仰天出演!?政治家たちの感動コメディ!
2019年に公開された映画【記憶にございません!】は三谷幸喜監督による爆笑政治家コメディ。今回は天海祐希も仰天出演の映画【記憶にございません!】のキャストやあらすじ、動画配信情報など紹介します!
スポンサーリンク

■映画【マスカレード・ホテル】の作品概要

  • 公開年・・・2019年
  • 監督・・・鈴木雅之
  • 脚本・・・岡田道尚
  • キャスト・・・木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、梶原善、泉澤祐希、東根作寿英、石川恋、濱田岳、前田敦子、笹野高史、高嶋政宏、菜々緒、生瀬勝久、宇梶剛士、橋本マナミ、田口浩正、勝地涼、松たか子、鶴見辰吾、篠井英介、石橋凌、渡部篤郎、明石家さんま etc…
  • 原作・・・小説『マスカレード・ホテル』/東野圭吾

■映画【マスカレード・ホテル】のあらすじ


マスカレード・ホテル

都内で起こった3件の殺人事件。
すべての事件現場に残された不可解な数字の羅列から、事件は予告連続殺人として捜査が開始された。
警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介(木村拓哉)はその数字が次の犯行場所を示していることを解読し、ホテル・コルテシア東京が4番目の犯行場所であることを突きとめる。
しかし犯人への手掛かりは一切不明。そこで警察はコルテシア東京での潜入捜査を決断し、新田がホテルのフロントクラークとして犯人を追うこととなる。 そして、彼の教育係に任命されたのは、コルテシア東京の優秀なフロントクラーク・山岸尚美(長澤まさみ)。
次々と現れる素性の知れない宿泊客たちを前に、刑事として「犯人逮捕を第一優先」に掲げ、利用客の“仮面”を剥がそうとする新田と、ホテルマンとして「お客様の安全が第一優先」のポリシーから、利用客の“仮面”を守ろうとする尚美はまさに水と油。
お互いの立場の違いから幾度となく衝突する新田と尚美だったが、潜入捜査を進める中で、共にプロとしての価値観を理解しあうようになっていき、二人の間には次第に不思議な信頼関係が芽生えていく。
そんな中、事件は急展開を迎える。追い込まれていく警察とホテル。
果たして、仮面(マスカレード)を被った犯人の正体とは・・・。

引用元:公式サイト

■映画【マスカレード・ホテル】の登場人物・キャスト

主人公・新田浩介(木村拓哉)

警視庁捜査一課の警部補。帰国子女で英語を流暢に使いこなせることから、今回のコルテシア東京への潜入捜査ではフロントクラークを務めることになる。自信家でプライドが高く短気だが、正義感が強く自分の信念を貫く強さがある。人間への洞察力も長けていて、本性を探り当てる嗅覚もピカイチ。しかしそれが周囲への無神経な言動となってトラブルを起こすことも。

山岸尚美(長澤まさみ)

老舗高級ホテル「コルテシア東京」のフロントクラーク。真面目な性格でフロントとしての仕事に誇りを持ちながら接客にあたる。真面目過ぎる性格から、コンビを組む新田と最初は反発し合うが・・・
ちょっとウザイくらいの真面目なキャラクターに長澤まさみがぴったりハマっていた。最近のトピックスだと映画【キングダム】で第43回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を見事獲得。同世代の女優の中でも堂々たる風格がある長澤まさみ。物怖じしない女優オーラで木村拓哉に負けない存在感を放っている。

映画【キングダム -KINGDOM-】キャストやあらすじ、主題歌、動画配信情報など紹介!山崎賢人主演でついに実写化!
映画【キングダム -KINGDOM-】のキャストやあらすじ、主題歌、動画配信情報など見どころ紹介!週刊ヤングジャンプにて連載され大ヒットした原泰久のマンガ『キングダム』が待望の実写化!山崎賢人&吉沢亮の人気イケメン俳優コンビがファン待望の超大作に挑みます!

新田・山岸を取り巻く登場人物たち

稲垣(渡部篤郎)

捜査一課の係長で新田の上司。反骨心むき出しの扱いづらい新田でも黙る存在。
渡部篤郎と木村拓哉の共演といえば、私が最初に思い出したのはTBSドラマ『ビューティフルライフ~ふたりでいた日々~』。常盤貴子演じる杏子の兄役で覚えている人も多いのではないだろうか?今回は雰囲気をがらりと変えての共演。世話の焼ける新田を上手く扱いながら捜査の指揮を執る稲垣のキャラクターに、重厚感と軽妙さを上手い具合に併せ持つ渡部がハマっている。

能勢(小日向文世)

新田とかつてコンビを組んでいた刑事。飄々としながらも事件に対して愚直に向き合い、一見煙たがられがちだが、捜査における着眼点や行動力は本物。
掴みどころのない不思議な存在感を放つ脇役といえば小日向文世。木村とはドラマ・映画【HERO】での共演がイメージとして強い。小日向文世は見た目とは裏腹に善人も悪人も嫌味なくさらっと演じてしまう。その守備範囲の広さは名だたるバイ・プレーヤーの中でも随一だ。

尾崎(篠井英介)

捜査一課の管理官で、潜入捜査の統括責任を負う
ぎょろっとした目つきで捜査一課に緊張感が走る。現代演劇の女形としても有名な篠井英介。嫌味たっぷりの上司役や個性的なおネェ役など演技における引き出しの多さはピカイチ。

本宮(梶原善)

新田の先輩刑事。ホテルの宿泊客を装って潜入捜査をする。
梶原善はこういう類の映画にはほぼ常連と言っていいだろう。三谷幸喜監督作品にも多数出演し、どこか非日常的な世界観の作品には欠かせない俳優。

関根(泉澤祐希)

新田の後輩刑事で真面目で素直な性格
泉澤祐希は最近メキメキと活躍の場を広げている。個人的に印象に残っているのはドラマ「わたし、定時で帰ります。」で主人公の吉高由里子の直属の後輩役を好演していたこと。今どきの若者をとてもリアルに器用に演じていた。実は俳優デビューは5歳という泉澤。学業専念のために一時活動を休んでいた時期もあるが、大河ドラマや朝ドラも既に出演経験を積んでいる。今後に期待が膨らむ若手俳優だ。

藤木(石橋凌)

コルテシア東京の総支配人。山岸がホテルに勤めようと決意したきっかけになった人物。山岸を温かく見守り、新田たち警察の立場も理解し立ち居振る舞う。
石橋凌がいわゆる「良い人」を演じているとホッとするのは私だけだろうか(笑)。悪役も難なくこなす大物俳優な訳だが、彼の笑顔はとてもチャーミングで今回の映画【マスカレード・ホテル】のような温厚な役を演じているのを観るのが個人的には好きである。

田倉(鶴見辰吾)

コルテシア東京の宿泊部・部長。山岸の直属の上司。品格ある振る舞いで山岸を育てる。
木村拓哉と鶴見辰吾の組み合わせを見るとゲーム「ジャッジ・アイズ」を連想してしまうのはきっと私だけではあるまい・・・(笑)

久我(東根作寿英)

コルテシア東京のフロントクラークで山岸の先輩
常に笑顔でホテルの顔であるフロントを守る久我。演じている東根作寿英も、数々のドラマや映画で目にする人気のバイ・プレーヤー。「見るからに良い人そうだけれど、どこか怪しい」という役がピッタリ。

川本(石川恋)

コルテシア東京のフロントクラークで山岸の後輩
石川恋といえばCamcanの専属モデルとして有名だが、最近では女優業にも力を入れている。凛としたオーラのある顔立ちで、今後の活躍に期待。

宿泊客のキャスト陣も豪華で個性的!

映画【マスカレード・ホテル】の見どころの一つでもあるのが、豪華なキャスト陣。ここまで紹介してきた警察側・ホテル側の登場人物たちに加えて、さらに作品に彩りを添えるのが個性的な宿泊客たち。演じた俳優陣がこちら。

  • 生瀬勝久
  • 菜々緒
  • 濱田岳
  • 高嶋政宏
  • 橋本マナミ
  • 笹野高史
  • 前田敦子
  • 田口浩正
  • 宇梶剛士
  • 松たか子
  • 勝地涼

いかがだろうか。演じていなくても個性が強すぎる面々(笑)。彼らが一癖も二癖もある宿泊客を演じ、物語を複雑怪奇にかき回していく。観ていて何より気持ちいいのは、演じている本人たちが面白がっているのが伝わってくること。「全員が胡散臭い」というのがこの作品をドラマチックにしているのだ。

■映画【マスカレード・ホテル】の動画配信情報

映画【マスカレードホテル】の動画配信情報

映画【マスカレード・ホテル】の動画は、

にて視聴することが可能です。(※2021年1月時点で観放題)

Amazonプライム・ビデオは無料お試し30日間あり

※本記事の内容は2021年1月時点の情報です。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
映画【スパイの妻 劇場版】キャストやあらすじ、動画配信情報など見どころを紹介!ベネチア国際映画祭で銀獅子賞受賞の快挙!
2020年10月16日(金)公開の映画【スパイの妻 劇場版】。NHK BS8Kで放送された同名ドラマを基にした劇場版。第77回ベネチア国際映画祭にて銀獅子賞受賞の快挙を遂げました。今回は映画【スパイの妻 劇場版】のキャストやあらすじ、動画配信情報など見どころをたっぷり紹介していきます!

■映画【マスカレード・ホテル】新田役がなぜ木村拓哉なのか勝手に考察!

ドラマでも映画でも、「木村拓哉」が何かを演じると必ず賛否両論が巻き起こる。「何を演じても“木村拓哉”から脱却できない」とか「何を演じても一緒」というのが大まかなところでの批判的な意見だろうか。そして好意的な意見でいうと、「スター性のある木村拓哉だからこそ“それ”でいいのだ」とか「木村拓哉という唯一無二の華のある存在感があるからフィクションである映画やドラマが成り立つし観る価値がある」というもの。

どちらの意見も「確かに。」と認めざるを得ないが、いつも個人的に思うのは「結局のところ、視聴者には良くも悪くも木村拓哉という魅力が沁みついて離れない」ということだ。ジャニーズのアイドルというブランドを背負う一人の男が、演技の世界においてこれほど存在感を放っていることは紛れもない事実であり、いくら若い世代に「ポスト・木村拓哉」や「第二の木村拓哉」が誕生しようとも、木村拓哉は絶対的なオンリーワンなのだ。

映画【マスカレード・ホテル】が公開されたのはSMAP解散後にまだメンバーそれぞれの一挙手一投足が様々な憶測が飛び交い何をしても深読みされる本人にとってもストレスフルな時期。映画そのものの魅力にフォーカスして欲しい出演者・制作スタッフ側と、多少なりとも色眼鏡で作品を観る報道陣や視聴者側との温度差に、少しばかり同情した。しかし、純粋にこの映画を楽しむことができた私の意見は、「新田役は木村拓哉でしかマッチしないし、これは制作側のあえての挑戦状だ!」ということ。こう思えるほど映画【マスカレード・ホテル】の木村拓哉は“良かった”。「ほら、納得でしょ?」というスタッフのどや顔が頭に浮かんだ(笑)。

新田のキャラクターは正義感の強さゆえの短気で無神経な言動が目立つ。野心的な面もあって見方によっては鼻につく性格だ。木村拓哉はそういうキャラクターを演じることに特に長けていると思う。映画【検察側の罪人】でもそうだったが、「悪役を演じても作品の主人公として愛され、作品の価値が成立する」ことが木村拓哉の魅力だ。エンドロールが流れるまでそのキャラクターをどう演じ切るのか、結局視聴者は見届けなければ気が済まないというのが“木村拓哉”という存在なのだ。

■映画【マスカレード・ホテル】原作は東野圭吾の同名小説!

映画【マスカレード・ホテル】の原作は、東野圭吾の小説「マスカレード」シリーズの第1作目である『マスカレード・ホテル』。老舗高級ホテル、「コルテシア東京」を舞台に人間の様々な仮面の下に隠された一面を垣間見ることができる。

  • シリーズ第一作目『マスカレード・ホテル』


連続殺人事件の捜査をきっかけに、刑事・新田浩介と舞台となるホテル「コルテシア東京」のフロントクラーク・山岸尚美が凸凹コンビを結成。宿泊客全員が容疑者かもしれないという困難な状況に翻弄されながらも2人には不思議と絆が芽生えていく。

  • シリーズ第二作目『マスカレード・イブ』


新田と山岸が出会う前という時間軸で綴られた短編集。2人がそれぞれどんな新人時代を過ごしていたかも知ることができる。

  • シリーズ第三作目『マスカレード・ナイト』


第一作目の『マスカレード・ホテル』から3年後、という設定。ホテルで行われるカウントダウンパーティーに、殺人事件の予告状が届く。新田と山岸の凸凹コンビ再結成となる。

■映画【マスカレード・ホテル】の舞台は老舗高級ホテル!

モデルになったのは日本橋のロイヤルパークホテル

映画【マスカレード・ホテル】の舞台となる老舗高級ホテル・「コルテシア東京」は、日本橋にあるロイヤルパークホテルがモデルとされている。中央にフロントを構え、開放感のある吹き抜けのエントランスはとてもドラマティックな空間を演出している。歴史を感じるアンティークモダンな内装も、宿泊客を非現実的な世界観へと誘ってくれる。

一度は泊まってみたい!?ドラマチックな気分を味わえる都内の高級ホテル

  • ロイヤルパークホテル

映画【マスカレード・ホテル】の舞台になったと言われる高級ホテル。日本橋に所在し、20階建てで客室数は406室を誇る。

  • マンダリンオリエンタル東京

ロイヤルパークホテルと同じく日本橋に所在する五つ星のラグジュアリーホテル。日本橋三井タワーの上層階、30階~36階にゲストルーム179室を構え、国内だけでなく世界からも高く評価される高級ホテル。

  • 東京ステーションホテル

JR東京駅のシンボルとしても有名な丸の内側の駅舎で営業するホテル。ホテル部分となる赤レンガの駅舎は2003年に重要文化財に指定されている。レトロで高級感溢れるホテルで人気も高い。

■映画【マスカレード・ホテル】の制作陣は?

監督は『HERO』の鈴木雅之

この映画【マスカレード・ホテル】を最初に観た時に序盤ですぐに頭に浮かんだのはドラマ「王様のレストラン」。その印象は間違ってなかった。【マスカレード・ホテル】の監督はあの鈴木雅之。数々の大ヒットドラマを手掛け、その中には「世にも奇妙な物語」、「王様のレストラン」、「ロングバケーション」、「ショムニ」、「古畑任三郎」、「HERO」などがある。リズム感のあるストーリー展開とコミカルな会話劇、そして登場人物たちの個性を際立たせる作品が多い。

音楽を佐藤直紀が担当

個人的にこの映画【マスカレード・ホテル】は音楽がとても良かった。邦画は特に映画音楽が作品の邪魔になっていることが往々にして多い。しかし【マスカレード・ホテル】の音楽は作品の世界観を見事に表現しながらも、ストーリーを鑑賞する上で全く邪魔にならずに作品を盛り上げてくれていた。担当した佐藤直紀は自身の音楽性よりもまず作品の世界観をきちんと表現できる音楽を作り上げることに定評がある。最近だと映画【アルキメデスの大戦】も佐藤が音楽を手掛けているが、こちらも素晴らしかった。

■映画【マスカレード・ホテル】の見どころ

「登場人物のほぼ全員が容疑者」という設定は珍しいわけではないが、その設定自体に無理がなく作品の世界観が成立しているのが良い。そして何より、宿泊客それぞれの小さなストーリーが笑える人間の欲深さや自分勝手さ、不遇を嘆くちょっとしたやさぐれた部分などの描写に、自分の心のどこかにある醜い部分が少なからず思い当たる。そして、ホテルという小さな世界観がストーリーに入り込むにあたって丁度良い。「人間誰もが仮面の下に意外な表情を隠している」というテーマを頭に鑑賞すると、容疑者たちだけでなく新田や山岸などの登場人物たちを観るのも楽しいのだ。

そして、映画【マスカレード・ホテル】を観るにあたって、個人的に難点だったのが出演俳優たちが豪華過ぎてストーリーそのものに集中するのに非常にエネルギーを使うこと。

「あ!この人前にキムタクとあの作品で共演してた俳優さんだ!」なんて気を取られていると、あっという間に話の展開に置いて行かれてしまうので要注意である。そして、出演しているキャストは先に紹介した俳優陣だけではない。なんと明石家さんまも特別出演しているのだ。木村拓哉とは大親友の間柄。2人が共演する年に一度の番組の企画で飛び入りで出演することになったらしいが、よ~く観ないと明石家さんまだとは分からないほど一瞬しか出演していないのでぜひそちらも探してみて欲しい。ヒントは映画の終盤。日常が戻ったコルテシア東京に訪れる宿泊客たちに注目だ。

■映画【マスカレード・ホテル】存分に木村拓哉を味わえる作品

いかがだっただろうか?犯人が誰なのかを追いながら観るのはもちろん、ザ・木村拓哉」を只々存分に味わうというのもおすすめ。映画を観てから原作を読む人も多いと思うが、木村拓哉をイメージしながら読み進めるのもそれはそれで“アリ”だ。(生粋の原作ファンからはあまり良い顔はされないだろうが・・・。)

登場人物たちがそれぞれの立場で人間の隠れた一面に出会いながら生きていく。新田と山岸の凸凹コンビをまた続編があればぜひ観てみたいものだ。

コメント

error:Content is protected !!