★7/23(金)の金曜ロードショーは【君の膵臓をたべたい(アニメ)】≫≫

アニメ映画【もののけ姫】のキャラクターやあらすじ、吹替声優、動画配信情報など見どころを紹介!スタジオジブリの超人気作!

アニメ映画【もののけ姫】のキャラクターやあらすじ、吹替声優、動画配信情報など見どころを紹介!スタジオジブリの超人気作!アニメ
スポンサーリンク
スポンサードリンク

1997年公開のアニメ映画【もののけ姫】スタジオジブリのヒット作品として今もなお愛されています。
今回はアニメ映画【もののけ姫】のキャラクターやあらすじ、吹替声優、動画配信情報など見どころをたっぷり紹介していきます!

ジブリ映画【借りぐらしのアリエッティ】キャラクター(声優)やあらすじ・主題歌、動画配信の有無など見どころ紹介!
2010年公開のジブリ映画【借りぐらしのアリエッティ】は米林宏昌の初監督作品。人間の屋敷で借りぐらしする小人の少女と、人間の少年の出会い。今回はジブリ映画【借りぐらしのアリエッティ】のキャラクター(声優)やあらすじ・主題歌、動画配信の有無など見どころを紹介していきます!
ジブリ映画【ハウルの動く城】キャラクター(声優)やあらすじ、動画配信の有無など見どころ紹介!原作も読みたくなる!?
2004年公開のジブリ映画【ハウルの動く城】。18歳の少女が魔女の呪いで90歳の姿に!?原作もきっと読みたくなる!?映画【ハウルの動く城】のキャラクター(声優)やあらすじ、動画配信の有無など見どころをたっぷり紹介していきます!

映画【もののけ姫】の作品概要

  • 公開年|1997年
  • 監督・脚本・原作|宮崎駿
  • 声優|松田洋治、石田ゆり子、田中裕子、小林薫、西村雅彦、上條恒彦、島本須美、渡辺哲、森光子、佐藤允、美輪明宏、森繫久彌ほか
  • 主題歌『もののけ姫』/米良美一

映画【もののけ姫】のあらすじ

自然と人間の関係をテーマとし続けてきた宮崎駿の集大成的作品で、それまでの日本映画の歴代興行記録を塗り替える大ヒットとなった。山里に住む若者アシタカは、怒りと憎しみにより“タタリ神”と化した猪神から呪いをかけられてしまう。呪いを解く術を求めて旅に出るアシタカはやがて、西方の地で“タタラ”の村にたどり着く。エボシ御前が率いるその村では、鉄を造り続けていたが、同時にそれは神々の住む森を破壊することでもあった。そして、そんなタタラ達に戦いを挑むサンの存在をアシタカは知る。人の子でありながら山犬に育てられた彼女は“もののけ姫”と呼ばれていた……。

引用元:allcinema

映画【もののけ姫】の主なキャラクター・吹替声優

映画【もののけ姫】の主なキャラクター・吹替声優
画像元:公式サイト
  • アシタカ・・・松田洋治
  • サン/カヤ・・・石田ゆり子
  • エボシ御前・・・田中裕子
  • ジコ坊・・・小林薫
  • モロの君・・・美輪明宏
  • 乙事主/エミシの老人・・・森繁久彌
  • 甲六・・・西村雅彦
  • ゴンザ・・・上條恒彦
  • トキ・・・島本須美
  • 山犬・・・渡辺哲
  • ヒイ様・・・森光子
  • タタリ神・・・佐藤允

映画【もののけ姫】の動画配信情報

映画【もののけ姫】の動画配信情報

残念ながら、ジブリ映画【もののけ姫】はいわゆる動画配信サービス(VOD)での配信は行っていません。もし「おうちでこの作品を楽しみたい!」という場合には、DVD/CDの宅配レンタル【TSUTAYA DISCAS】がおすすめです!

〈2020年最新版〉動画配信+宅配レンタルの【TSUTAYA TV / TSUTAYA DISCAS】について徹底解説!
〈2020年最新版〉動画配信+宅配レンタルの【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】について、サービス内容や料金、無料お試しについて、また登録方法などについても徹底解説していきます!
一人暮らしワンルームにおすすめ!気軽に導入できる《サウンドバー》でホームシアターが叶う!
ホームシアターに憧れるけれど、一人暮らしで部屋が狭いからと諦めていませんか?今回は一人暮らしワンルームの部屋でもホームシアターが叶うおすすめのサウンドバーを紹介!充実した「おうち時間」を実現しましょう!

\初回30日間無料体験あり/

映画【もののけ姫】の見どころ

映画【もののけ姫】の見どころ
画像元:公式サイト

ずばり、映画【もののけ姫】の見どころを簡単にまとめてみました!

  • 人間への憎しみと怒りで「タタリ神」になった猪神に呪いをかけられた少年・アシタカを軸に、自然と人間の関係を超えて多くの哲学的テーマを描く作品
  • 不条理の中で生きていく意味
  • 立場の違うそれぞれの「正」が激しくぶつかり合う様子
  • アシタカとサンの対話で浮かび上がる本当の「共生」の意味

多くの名作を生むスタジオ・ジブリの作品の中でも、「生きる」ことへのメッセージ性の強さが印象的【もののけ姫】。それは単純に「辛いこともあるけれど頑張って明るく生きていこうね」というものではなく、憎しみを抱えて生きる意味、望まない不条理の中で生きる意味、そして自分と他者、人間と自然、愛と憎しみという相対するものが「共生」するということはどういうことなのかを観る人に広く問いかけている気がするのです。

私がアシタカだったら、サンだったら、エボシだったら…。そんな風に思考を巡らせるだけで単純明快な答えが一つも出てこないのが、この【もののけ姫】が持つ独特の世界観の理由なのではないでしょうか。

映画【もののけ姫】それでも「生きる」ことが美しいと思えるか

映画【もののけ姫】それでも「生きる」ことが美しいと思えるか
画像元:公式サイト

映画【もののけ姫】を最初に鑑賞した時、正直その深すぎるテーマ性に学生だった私は「期待していたジブリ映画じゃない…」と面喰ってしまいました。しかし年齢を重ねていく中で何度か改めて鑑賞するうちに、作品が内包していたメッセージがスッと胸に響きました。激しい憎悪に支配されても、絶望の淵に立たされても、「美しい」とか「愛おしい」と思える瞬間はどこかにある…。それがどれだけ「生きる」ことの支えになるのか、アシタカとサンの対話が浮かび上がれせてくれるのです。

\初回30日間無料体験あり/

スポンサードリンク
スポンサードリンク
アニメ
\ この記事をシェアする /
CROSOIR CINEMA

コメント

error:Content is protected !!