★7/23(金)の金曜ロードショーは【君の膵臓をたべたい(アニメ)】≫≫

映画【羊と鋼の森】キャストやあらすじ、楽曲、動画配信情報など見どころ紹介!山崎賢人が調律師役!響き渡るピアノの音色に涙!

映画【羊と鋼の森】キャストやあらすじ、楽曲、動画配信情報など見どころ紹介!山崎賢人が調律師役!響き渡るピアノの音色に涙!ヒューマンドラマ
スポンサーリンク
スポンサードリンク

映画【羊と鋼の森】はピアノの調律師の青年が主人公の物語。原作は2016年、第13回本屋大賞を受賞した宮下奈都の同名小説です。ピアノと音、人と向き合いひたむきに成長していく主人公の青年を山崎賢人が演じます。

今回は、映画【羊と鋼の森】のキャストやあらすじ、楽曲、動画配信情報など見どころをたっぷり紹介していきます!

映画【マチネの終わりに】キャストやあらすじ、劇中楽曲、動画配信情報など紹介!福山雅治×石田ゆり子で大人の恋愛映画!
2019年公開の映画【マチネの終わりに】。芥川賞作家の平野啓一郎氏による同名小説を原作に、福山雅治と石田ゆり子による大人の恋愛映画が完成。今回は映画【マチネの終わりに】のキャストやあらすじ、劇中楽曲、動画配信情報など見どころを紹介します!
映画【夏への扉】キャストやあらすじ・原作・主題歌・動画配信情報など紹介!山崎賢人・清原果耶・藤木直人でSF名作を映画化!
2021年2月公開の映画【夏への扉】はロバート・A・ハインラインのSF小説が原作です。山崎賢人・清原果耶・藤木直人の夢の競演が実現した映画【夏への扉】のキャストやあらすじ・原作・主題歌・動画配信情報など見どころを紹介していきます!

映画【羊と鋼の森】の作品概要

映画【羊と鋼の森】のあらすじ

「羊」の毛で作られたハンマーが、
「鋼」の弦をたたく。
ピアノの音が生まれる。
生み出された音は、
「森」の匂いがした―

将来の夢を持っていなかった主人公・外村(山﨑賢人)は、
高校でピアノ調律師・板鳥(三浦友和)に出会う。
彼が調律したその音に、
生まれ故郷と同じ森の匂いを感じた外村は、
調律の世界に魅せられ、果てしなく深く遠い森のようなその世界に、足を踏み入れる。
ときに迷いながらも、
先輩調律師・柳(鈴木亮平)やピアノに関わる多くの人に支えられ、
磨かれて、外村は調律師として、人として、逞しく成長していく。
そして、ピアニストの姉妹・和音(上白石萌音)由仁(上白石萌歌)との出会いが、
【才能】に悩む外村の人生を変えることに―。

引用元:公式サイト

映画【羊と鋼の森】の主要な登場人物(キャスト)

山崎賢人(外村とむら直樹役 )

北海道出身で、高校2年の時に調律師・板鳥と出会い、その世界に魅了され調律師に。ひたむきな性格で、「調律師として必要なものは何なのか」を日々模索する。山や森に囲まれて育ち、人一倍感受性も強く、「音」に敏感。草木にも詳しい。

三浦友和(板鳥いたどり宗一郎役)

北海道にある江藤楽器の調律師。道内の高校にあるピアノを調律した際に、外村と出会う。調律師としでの技術も高く、外村が江藤楽器で働きだしてからも尊敬される存在。

鈴木亮平(柳伸二役)

江藤楽器で働く調律師で、外村の指導係。調律の技術はもちろん、依頼主の要望をうまく汲み取り音に反映させる。実直でひたむきな外村を上手くフォローする面倒見の良い先輩。

光石研(秋野匡史役 )

江藤楽器の調律師。過去にピアニストを経験しているが、「本物のプロ」と自分との差が埋まらないと悟り調律師になった経緯を持つ。外村が働きだした当初は彼のひたむきさを鬱陶しがるが、徐々に打ち解けていく。

堀内敬子(北川みずき役)

江藤楽器の事務員。明るくあっけらかんとした性格で、個性もバラバラな江藤楽器のメンバーたちとも適度な距離感でコミュニケーションを取っている。

上白石萌音もね(佐倉和音かずね役)

柳が受け持っていた依頼主、佐倉姉妹の姉穏やかで控えめな性格で、ピアノも練習を人一倍欠かさない努力型。自由奔放に楽しくピアノを弾く妹・由仁とは対照的。

上白石萌歌もか(佐倉由仁ゆに役)

佐倉姉妹の妹。姉・和音とは対照的にピアノを弾くときは「楽しい」ことが大事。ピアノの上手さは天性のもので、和音は由仁が羨ましくも感じている。

映画【羊と鋼の森】の動画配信情報

映画【羊と鋼の森】の動画配信情報
配信中のVODサービス
※一部レンタル・購入の場合あり

※2021年5月時点の情報です。最新の配信情報は各VODサービスにてご確認下さい。

Amazonプライム・ビデオは無料お試し30日間あり
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!
動画配信サービス【TSUTAYA TV】は無料お試し期間30日間あり
Paraviは2週間の無料体験期間あり
【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

<2020年最新>動画配信サービス【Paravi(パラビ)】徹底解説!料金や登録・解約方法、メリット・デメリットなど!
動画配信サービス【Paravi(パラビ)】について、2020年最新版の情報を徹底解説!おすすめの理由や料金、登録・解約方法、メリット・デメリットなどを分かりやすく解説していきます!
〈2020年最新版〉動画配信+宅配レンタルの【TSUTAYA TV / TSUTAYA DISCAS】について徹底解説!
〈2020年最新版〉動画配信+宅配レンタルの【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】について、サービス内容や料金、無料お試しについて、また登録方法などについても徹底解説していきます!

\無料お試し30日間あり/

映画【羊と鋼の森】の原作

映画【羊と鋼の森】の原作は、宮下奈都の小説『羊と鋼の森』。文藝春秋から刊行されています。2016年に、第13回本屋大賞を受賞。第154回直木三十五賞にもノミネートされました。澄み渡るような繊細な言葉と、鮮やかに情景が浮かぶ素晴らしい作品で、私もこの小説を読んだ時に一気に魅了されました。宮下奈都は2004年、小説『静かな雨』で第98回文學界新人賞佳作に入選し、小説家デビューしました。繊細で丁寧な心理描写と、読者の心に沁みわたるような言葉選びは多くのファンを虜にしています。

映画【羊と鋼の森】劇中の楽曲

映画【羊と鋼の森】には当然多くの美しい楽曲が登場しています。実は、映画で使用されていたクラシック曲は原作の小説では楽曲を指定しているような記述はほとんどなく、映画化のタイミングで選曲されているのです!あまりにも作中の場面ごとにぴったりの選曲に非常に感動しました。映画用にアレンジされている楽曲も一部ありますが、ピアノの音という音が溢れるようなものばかりで、作品の世界観に思わず入り込んでしまいます

  • 「水の戯れ」(1901)/ラヴェル
  • 「練習曲 op.25」(1832-36)より、「第9番 蝶々」/ショパン
  • 「きらきら星変奏曲  K.265」(1778)/モーツァルト
  • 「ピアノソナタ 第3番 ロ短調 op.58」より、第4楽章:フィナーレ」(1844)/ショパン
  • 「ピアノ組曲  クープランの墓 第6曲 トッカータ」(1914-17)/ラヴェル
  • 「子犬のワルツ(「ワルツ第6番」 op.64-1)」(1846-48)/ショパン
  • 「ピアノソナタ第23番 へ短調 op.57(熱情)」(1804-05)/ベートーヴェン
  • 「The Dream of the Lambs」久石 譲×辻井伸行(エンディング曲)

映画【羊と鋼の森】の見どころ


羊と鋼の森 ピアノ・コレクション

山崎賢人の繊細な演技が格別

この映画【羊と鋼の森】を観て、山崎賢人の演技力の底知れなさに正直驚きました。直近だと映画【キングダム -KINGDOM-】など数多くの話題作に幅広く出演する今大人気のイケメン俳優ですが、そのレッテルが私のイメージを邪魔していたことを思い知らされました。主人公・外村は「調律」の世界に魅了されて今まで暮らしてきた森の中から飛び出します。そして自分と、音の世界、ピアノ、人と真摯にひたむきに向き合って「何か」を掴もうとします。その観ていて痛いほど美しく不器用な姿は、山崎賢人の見事な演技でまっすぐ私たちに届き、繊細で深みのある演技に感動しました。

外村(山崎賢人)と佐倉姉妹(上白石姉妹)との出会い

当初は柳(鈴木亮平)が担当していた佐倉家のピアノの調律を、外村が引き受けるようになります。ピアノが大好きでたまらない姉妹の姿に、外村は自分の調律師の腕を少しでも上げようと更に奮闘します。しかし、姉・和音の抱える葛藤や妹・由仁の身に起こる災難など、自分が調律師として向き合う相手の人生にも様々なことが起こり、外村は新たな決意を胸にまた成長していくのです。ちなみに、劇中で佐倉姉妹がピアノを弾くシーンは、実際に上白石姉妹が弾いています!エンディング曲を担当するピアニスト・辻井伸行も驚くほどの腕前で、私自身も感動しました。

作品に出演のミハウ・ソブコヴィアクは本物のピアニスト!

作品の中で、外村が憧れる調律師・板鳥(三浦友和)が世界的に有名なピアニストに調律の指名を受ける、というシーンがあります。その有名ピアニスト、ラインハルト・ゲルツァー役を演じたミハウ・ソブコヴィアクは、なんと本物のピアニストなのです!ショパンと同じポーランド出身で、世界で活躍するプロの演奏家です。

板鳥(三浦友和)・柳(鈴木亮平)・秋野(光石研)の言葉が響く!

「調律」という作業は、一筋の光を追い求めて深い森の中を彷徨うようなもの。それは調律だけでなく外村自身の「生き方」に対する模索ともリンクしています。そんな彼に、板鳥をはじめ江藤楽器のメンバーが施すアドバイスの数々が、とにかく心に響きます。答えを押し付けるのではなく、外村の悩む心にそっと寄り添うような言葉たちに、観ている私自身も勇気をたくさんもらいました。

映画【羊と鋼の森】ほとばしるピアノの音色に涙する!

いかがでしたか?この映画【羊と鋼の森】は、原作で受けた印象に実際の音や光で奥行きを持たせて、「映画」ならではの価値を見事にプラスしています。美しい自然の描写も多くカットインされていて、ピアノの光輝くような音がさらに際立っているのです。ラストに向けてその「音」のシャワーが心地よく降り注いでくるような感覚に、私は思わず涙してしまいました。俳優陣や製作スタッフたちが大切に伝えてくれたこの作品のテーマを、まだ観たことがない人はぜひ受け取って欲しいと思います。

\無料お試し30日間あり/

スポンサードリンク
スポンサードリンク
ヒューマンドラマ
\ この記事をシェアする /
CROSOIR CINEMA

コメント

error:Content is protected !!