★4/23(金)の金曜ロードショーは【劇場版 名探偵コナン 天国へのカウントダウン】】≫≫

映画【万引き家族】キャストやあらすじ、動画配信情報など紹介!社会では許されない絆で結ばれた家族の結末は!?

映画【万引き家族】キャストやあらすじ、動画配信情報など紹介!社会では許されない絆で結ばれた家族の結末は!?社会派

映画【万引き家族】は、【そして父になる】や【海街diray】などで様々な家族の形を描いてきた是枝裕和監督の作品第71回カンヌ国際映画祭において最高賞であるパルム・ドールを獲得し、世界中から高い評価を得ています。肩を寄せ合い「犯罪」でしか繋がれなかった家族が育んだ絆が、たどり着いた結末とは!?今回は映画【万引き家族】のキャストやあらすじ、動画配信情報など見どころをたっぷり紹介していきます。

映画【パラサイト -半地下の家族-】キャストやあらすじ、動画配信情報など紹介!ポン・ジュノ監督が込めた‟意味”も考察!
2019年公開の映画【パラサイト -半地下の家族-】は衝撃的なストーリー展開で世界各国の注目の的に。映画【パラサイト -半地下の家族-】のキャストやあらすじ、動画配信情報や、ポン・ジュノ監督が作品に込めた‟意味”についての感想・考察なども紹介します!
映画【海街diary】キャストやあらすじ、ロケ地、動画配信情報など紹介!四姉妹が織りなす優しく美しい絆の物語!
映画【海街diary】は監督を是枝裕和が務め、鎌倉を舞台に優しく静かに織りなされる四姉妹の物語。映画【海街diary】のキャストやあらすじ、ロケ地、動画配信情報など見どころを紹介します!
スポンサーリンク

■映画【万引き家族】の作品概要

  • 公開年・・・2018年
  • 監督/脚本・・・ 是枝裕和
  • キャスト・・・ リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、池松壮亮、城桧吏、佐々木みゆ、高良健吾、池脇千鶴、山田裕貴、森口瑤子、緒形直人、柄本明、樹木希林ほか

■映画【万引き家族】のあらすじ


万引き家族

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、柴田治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込む。彼らの目当ては、この家の持ち主である祖母の初枝の年金だ。足りない生活品は、万引きで賄っていた。社会という海の底をひっそりと漂うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。そんな冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼いゆりを見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく・・・。

引用元:公式サイト

■映画【万引き家族】の登場人物・キャスト

柴田家メンバー

万引き家族 キャスト①

画像元:公式サイト

  • リリー・フランキー・・・柴田治役
  • 安藤サクラ・・・柴田信代役
  • 松岡茉優・・・柴田亜紀役
  • 城桧吏・・・柴田祥太役
  • 佐々木みゆ・・・ゆり(りん、北条じゅり)役
  • 樹木希林・・・柴田初枝役

柴田家を取り巻く人々

万引き家族 キャスト②

画像元:公式サイト

  • 池松壮亮・・・4番さん役
  • 緒形直人・・・柴田譲役
  • 森口瑤子・・・柴田葉子役
  • 山田裕貴・・・北条保役
  • 高良健吾・・・前園巧役
  • 池脇千鶴・・・宮部希衣役
  • 柄本佑・・・山戸頼次役

■映画【万引き家族】の動画配信情報

映画【万引き家族】の動画配信情報

映画【万引き家族】の動画は、

にて視聴することが可能です。(※レンタル購入の場合あり)

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!
動画配信サービス【TSUTAYA TV】は無料お試し期間30日間あり
Amazonプライム・ビデオは無料お試し30日間あり

※本記事の内容は2021年1月時点の情報です。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
<2021年最新>動画配信サービス【U-NEXT】おすすめの理由!料金や入会・解約方法、メリット・デメリットなど徹底解説!
動画配信サービスの【U-NEXT】(ユーネクスト)おすすめの理由や、料金や入会・解約方法、メリット・デメリットなど、2021年最新版の情報を徹底解説!おうち時間を充実させてくれるサービスで皆さんも充実した「おこもり時間」を過ごしてみては?
〈2020年最新版〉動画配信+宅配レンタルの【TSUTAYA TV / TSUTAYA DISCAS】について徹底解説!
〈2020年最新版〉動画配信+宅配レンタルの【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】について、サービス内容や料金、無料お試しについて、また登録方法などについても徹底解説していきます!

■映画【万引き家族】の原案となった事件


万引き家族 豪華版Blu-ray(特典なし)

この映画【万引き家族】の監督・脚本を手掛けた是枝裕和は、ある事件をきっかけにこの作品の原案に至ったとしています。それは、「親の死亡通知を出さず、その年金を不正に受給し続けていた家族が逮捕された事件」とのこと。社会からは当然許されない犯罪が、皮肉にも一つの「家族」としての絆を完成させていた姿を描き、「当人にたちにしか分かり得ない家族の形があったのでは」という角度で観客に問いかけたのです。

■映画【万引き家族】の音楽

映画【万引き家族】の音楽は細野晴臣が担当。アジア・フィルム・アワードでは作品賞だけでなく音楽賞も受賞細い糸を張りつめ、千切れないように静かに紡いでいくような家族の姿をそっと包み込む音楽は、日本国内だけでなく海外からも高い評価を受けました。

■映画【万引き家族】の見どころ

万引き家族 安藤サクラ

画像元:公式サイト

犯罪でつながる家族

映画【万引き家族】で描かれた柴田家の絆は、犯罪によって紡がれていきます。もちろんそれは肯定されるべきものではありませんが、実際にこういう家族や事件を目の前にして「じゃあこうすればいいじゃないか」と簡単には誰も言えないのではないでしょうか私たちが当たり前に生きる「社会」が抱える不条理にさらされた彼らが、その細い糸をやっとの思いでつなぎ合わせ、自分たちが「幸せ」を感じられる居場所を作っていたのではないかと思いました

祥太の葛藤、選択

この映画【万引き家族】で驚かされたのは、子役2人の演技。現状を受け入れるしかない弱い部分と、大人たちへ向ける強い眼差し。祥太役の城桧吏は特に作品を通して感情の変化を見事に演じていましたよね!柴田家にりん(じゅり)が加わったことで、今まで治や信代たちに向けていた信頼や、「このままこうして生きていていいのか」という葛藤、かといって本当の家族の元へ戻っても・・・という色んな感情が祥太の中に渦巻くのです。そして祥太が選択した答えが、この「万引き家族」の運命を大きく変えることになります。

信代(安藤サクラ)の言葉

映画【万引き家族】で印象的だったのが、家族がバラバラになり、信代が警察官の宮部(池脇千鶴)の取り調べで放った言葉たち。初枝の遺体を庭に埋めた件については、「拾ったんです。捨ててあったものを拾ったんです。」とまっすぐ前を見据え話します。この台詞に私は心臓を掴まれたような感覚になりました。信代たちが暮らしていた柴田家は、いわば色んな理由で社会から見放された人間たちが集まって家族を形成していたわけで、信代のこの一言は静かなトーンでしたがその社会に対する強烈な怒りを感じました。そして、りん(じゅり)が本当の家族の元へ自らの意思で戻ったと聞かされた信代は、「そんなわけない」と言い返します。そして宮部に「子どもには母親が必要なんだ」と告げられ、信代は「母親がそう思いたいだけでしょう。産んだらみんな母親になるの?」と言い放ちます。この言葉に【万引き家族】の全てが詰まっている気がしました。

是枝監督の緻密な「家族」へのアプローチ

是枝監督は、映画【そして父になる】や【海街diary】などあらゆる角度やテーマで「家族」を描いてきました。そしてどれも、最終的に「家族とはこうあるべき!」という答えを明示するような終わり方ではなく、私たちが当たり前のように潜在意識の中に定義している「家族」の在り方を問いかけるように終わります。そしてこの映画【万引き家族】は、今までの是枝作品の中でも特にメッセージ性が強いものだと思います。ですが決して怒り任せの乱暴なものではなく、中身が伴わずとも、子どもを産めば社会的には母親と見なされる社会への率直な疑問であったり、虐待する親でも本当の親の元で育った方が子どもは幸せなのかという問いかけを、作品から感じました。柴田家一人一人が抱える問題が非常に繊細に描かれ、私たちが生きる「今」、現実世界で起こっている社会問題も浮き彫りにしているのです。

■映画【万引き家族】日本映画の新たな扉を開けた作品

万引き家族 樹木希林 松岡茉優

画像元:公式サイト

いかがでしたか?是枝監督は各メディアの取材などで、「社会問題を提起したくて作ったのではない」とこの作品について答えています。それは、映画のタイトルが表していますよね。あくまで軸となるのはこの「家族」なのです。この作品を通して、「親になること」「家族を作ること」について非常に考えさせられました。人間は平等に年を取り、定義上「大人」になれない人間はいないし、子どもを産めば「親」になります。しかし、本当の意味での「親」や「家族」の絆を考えた時、観る人の感性によってそれぞれ頭に浮かぶ答えは違ってくるはずです。この映画【万引き家族】という作品に出会えたことは、私にとって非常に貴重な経験になりました。

コメント

error:Content is protected !!