★9/17(金)公開【マスカレード・ナイト】≫≫

映画【流浪の月】キャストやあらすじ、原作小説、動画配信情報など見どころ紹介!凪良ゆうの本屋大賞受賞作品が原作!

映画【流浪の月】キャストやあらすじ、原作小説、動画配信情報など見どころ紹介!凪良ゆうの本屋大賞受賞作品が原作!社会派
画像元:公式サイト
スポンサーリンク
スポンサードリンク

2022年公開の映画【流浪の月】2020年第17回本屋大賞受賞の凪良ゆうの小説を原作に広瀬すず・松坂桃李・横浜流星で実写化。今回は映画【流浪の月】キャストやあらすじ、原作小説、動画配信情報など見どころを紹介します!

映画【三度目の殺人】のキャストやあらすじ、考察、動画配信情報など見どころ紹介!是枝裕和監督オリジナル脚本の法廷サスペンス!
2018年公開の映画【三度目の殺人】は、是枝裕和監督オリジナル脚本の法廷サスペンス。福山雅治、役所広司、広瀬すずが競演の映画【三度目の殺人】のキャストやあらすじ、考察、動画配信情報など見どころを紹介していきます!
映画【新聞記者】キャストやあらすじ、原作、動画配信情報など紹介!韓国の演技派女優シム・ウンギョンと松坂桃李W主演!
2019年公開の映画【新聞記者】は、東京新聞記者・望月衣塑子の同名ベストセラーを原案とした社会派サスペンス。韓国の演技派女優シム・ウンギョンと松坂桃李のW主演でも話題を集めた映画【新聞記者】のキャストやあらすじ、原作、動画配信情報など見どころを紹介します!

おすすめタグ 新作・準新作映画 / 小説が原作(邦画) / 社会派

映画【流浪の月】の作品概要

映画【流浪の月】のあらすじ

※原作小説のあらすじを引用致します。

あなたと共にいることを、
世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。
それでも文、
わたしはあなたのそばにいたい――。
実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。

引用元:公式サイト

映画【流浪の月】の主な登場人物・キャスト

  • 家内更紗(かないさらさ)・・・広瀬すず
  • 佐伯文・・・松坂桃李
  • 中瀬亮・・・横浜流星

映画【流浪の月】の原作

映画【流浪の月】の原作は、2020年第17回本屋大賞受賞の凪良ゆう氏の同名小説です。言葉の一つ一つに込められた更紗と文の「在り方」。真実が浮かび上がった時に胸に焼き付く「なんとも言えない後味」は、読者の固定観念や倫理観に疑問を投げかけます。

映画【流浪の月】の動画配信情報

映画【流浪の月】の動画配信情報

映画【流浪の月】の動画配信情報については、発表され次第更新致します。

映画【三度目の殺人】のキャストやあらすじ、考察、動画配信情報など見どころ紹介!是枝裕和監督オリジナル脚本の法廷サスペンス!
2018年公開の映画【三度目の殺人】は、是枝裕和監督オリジナル脚本の法廷サスペンス。福山雅治、役所広司、広瀬すずが競演の映画【三度目の殺人】のキャストやあらすじ、考察、動画配信情報など見どころを紹介していきます!
一人暮らしワンルームでもホームシアターが叶うおすすめプロジェクター
ホームシアターに憧れるけれど、一人暮らしで部屋が狭いからと諦めていませんか?今回は一人暮らしワンルームの部屋でもホームシアターが叶うおすすめのプロジェクターを紹介!充実した「おうち時間」を実現しましょう!

\無料お試し30日間あり/

映画【流浪の月】の見どころ

映画【流浪の月】の見どころ

ずばり、映画【流浪の月】の見どころを簡単にまとめてみました!

  • 原作の同名小説は2020年第17回本屋大賞受賞作!
  • メガホンを取るのは【悪人】・【怒り】の監督・李相日(リ・サンイル)
  • 誘拐事件の「被害者」と「加害者」――更紗と文だけが知る真実
  • 更紗の婚約者・亮が抱えている心の闇
  • 更紗と文をつなぐシンパシー
  • 人は何を求めて生きているのか、心を埋めようと必死に何を探し求めているのか、自分自身が「どう」存在していれば正解だと思えるのか…。心を揺さぶる奥深いテーマ

何度も読み返すほど原作小説の大ファンなのですが、この「流浪の月」というタイトルが本当に絶妙なんですよね。太陽の輝きを受けてこそ浮かび上がる月という存在。「太陽と月」のようなありがちなキャラクター対比で登場人物を設定するのではなく、更紗と文、そして亮すらも全員が「月」だと思うんです。3人それぞれが抱えている「傷」は世間一般的には簡単に受け入れられるものではないかもしれませんが、彼らが必死に「何か」に縋ろうと生きる姿は本を読んだ時からずっと脳裏に印象付けられています。

おすすめタグ 新作・準新作映画 / 小説が原作(邦画) / 社会派

映画【流浪の月】真実の先にあるもの

映画【流浪の月】キャストやあらすじ、原作小説、動画配信情報など見どころ紹介!凪良ゆうの本屋大賞受賞作品が原作!
画像元:公式サイト

満ち欠けを繰り返し、揺蕩う流れに身を任せる「月」のような更紗と文。何が自分にとって幸せで、どこが居場所なのか、ただひたすらその「答え」にしがみつく2人の姿は、とても危な気だけど優しく光り輝いているようにも見えます。2人しか知らない誘拐事件の真実と、物語の最後に2人が選択する「決断」は、きっと多くのメッセージを私たちに届けてくれるはずです。

\無料お試し30日間あり/

スポンサードリンク
スポンサードリンク
社会派
\ この記事をシェアする /
CROSOIR CINEMA

コメント

error:Content is protected !!